旧キット 1/100 旧型ザクをつくる。


いよいよ完成間近というところまできました。


胴体や前腕部にはパネルラインが結構入っていますので、合わせ目消しを行った段階で既存モールドをしっかり彫り直しておきました。


しっかりスミ入れしてメリハリのある仕上がりを目指します。


モノアイレール&モノアイの塗装に入ります。


消毒液のキャップを任意の高さでカットし、内部にポリパテとABSパイプを仕込んでいます。


まずはピンクサフを吹き付け。


お次は赤を吹き付け。
ガイアノーツのブライトレッドを使用しました。


キットにはモノアイ表現用のシールが入っていましたのでこれをマスキングテープ替わりに使い、マスクした箇所以外は黒サフを吹き付けます。


乾燥後マスクを剥がすとこんな感じになりました。


モノアイシールの貼り付けが甘くて両サイドに黒サフが吹き込んでしまったのですが、そのおかげでモノアイが暗闇の中ぼわっと点灯しているように見えます。不可抗力ですが。


組んでみました。


これはかなり期待出来るのではないでしょうか。


カラーはリアルタイプカラーでは無く劇中イメージで塗りました。


中に人が入っていそうな昭和体型に安心感を覚えますが、ひとつひとつの造形自体は今のガンプラよりもシャープで精悍さが漂います。


いよいよここから水転写デカール貼りに入るわけですが、貼るのは程々にしてイメージを壊さない範囲での作業にとどめるつもりです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください