FREEDOM MODEL KITS
(フリーダムモデルキット)
コンパクトシリーズ MiG-21 をつくる。


今年のバレンタインにいただいた本キットもいよいよ完成が見えてきました、と書きたかったところですがここにきて細々とした問題がいくつか浮上してきました。


操縦桿を取り付けパイロットを乗せました。


しかしパイロットを乗せるとキャノピーが綺麗に装着出来ません。微妙に浮いてしまうのです。残念ながら設計ミスです。

座席より深く座れるようにパイロットフィギュアの尻や背中を削る必要がありそうです。


本キットはスナップフィットですがそのままでは円滑に取り付ける事が出来ないパーツがいくつかありました。

この辺りはもうBANDAI SPIRITSやハセガワのメカトロウィーゴあたりの日本メーカー勢が圧倒的に先を走っている分野であり海外メーカーはZVEZDAのミニプラモや アカデミー科学以外はまだまだ嵌合レベルが低いです。

今年の二月に当ブログで完成させたドイツレベルのポルシェトラクターもスナップフィットと謳ってはいましたが嵌合調整無しでは到底完成させる事が出来ない水準でしたので当面日本勢が圧勝する分野だと思います。


あと前輪も設計ミスと断じてしまいたいレベルです。
前輪の幅が足りない。。。


キットの前輪パーツを使ってどうにかするのは現実的ではないので、以前製作したAirfix 1/72 零戦の車輪をちょいと加工して取り付けてやろうと思います。

私にしては珍しく飛行形態で作っていたため車輪パーツが余っていたのです。幸運でした。


降臨はホイール片面が別パーツでしっかりした造形。


現像で組めるとこまで組んでみました。


パイロットを乗せたままだとキャノピーが閉まらないので今日の段階ででは下ろしています。


尾翼の塗り分けを忘れていたので先ほど塗装しておきました。


予定外のトラブルに見舞われましたがそろそろ水転写デカール貼りに入れそうです。


今回も浮かせてディスプレイするつもりだったのですがよく考えたら二体セットなので支柱を二箇所に埋め込む必要があるため、ストックしていた台座はまた別の機会に使う事にします。


昨年完成させたサンダウナーズも同じメーカーFREEDOM MODEL KITS社のものです。


面白いキットが多いので私もしっかり稼いでポケットマネーで買いたいキットがあるんですよね〜

SD キットも非常に秀逸なチョイスとデザインですが、 1/48 X-47B なんかも出していて個人的にはこれが欲しいのですが、結構良い値段しますんでね、もう2年近く店頭で眺めるだけの日々を送っておりますが山ほどプラモ積んでますからね。まず私が眼前のキットをどんどん作っていきたいと考えています。


という事で今回は以上です。
今回浮上した問題点を解決してカッコ良く仕上げたいと思います。

本来は先月末に強引に完成報告させるつもりで製作していましたが、こうして間に合わなかったのでこの際焦らず確実な仕上がりを目指したいと思います。

今月製作予定のキットと並行して月内に完成すれば大満足といった感じで取り組んでいきます。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください