ハロプラ
ザクレロハロ をつくる。


いろいろ並行して作っているのですがザクレロハロが間も無く完成しそうです。


まずは足。


ピンクサフを吹いてから先に赤を塗っておきます。
あと、この手の作業を行うときはBMCタガネでモールドをしっかり彫り直しておくと綺麗に仕上がります。


ザクレロの足(というかブースター)を塗るために作られたような塗料がクレオスから出てますのでそれを使います。まあ普段は戦車や大戦機に使ってるんですが(笑)


乾燥後マスキングテープを剥がします。塗り漏れも吹き込みもないようです。モールドをしっかり彫り直しておく事でリタッチ等で余計な手間を掛ける事なく塗り進める事が出来ました。


スミ入れ。
一気にらしくなってきました。


続いて左肩のパーソナルマークに着手します。
どうせのっぺらぼうな曲面にホイルシールかテトロンシールを貼れという仕様だろうなと諦めていたのですが、いざ文字通り蓋を開ければ立派に彫刻されていて大変有り難い限りです。まずはハートの形に沿ってマスク。


ピンクを吹きます。
キャラクターイエローの上から吹いてますんで発色抜群です。


更に右側のハートのみ残す形でマスクしクリアーレッドを吹きました。結構重ね塗りしたんですが薄吹きのままでよかったかも。


スミを流すとこんな感じに!
良い塩梅ですが何か物足りません。


そう「白羽」部分を塗り忘れていました。焦らず乾燥させてからマスク。


塗りました。
こういう配色の場合、普通の白を吹くと純白すぎて白が悪目立ちしてしまいがちなのでちょっと濁りのある白を使った方が馴染みも良く色気のある仕上がりになる事が多いです。


他の塗装も終わってますので一旦ハロ状態で組んでみました。


黄色い部分はクレオスのキャラクターイエローです。


普段この手の色はガイアの橙黄色を使っているのですが切らしてしまい久しぶりに引き出しの奥から引っ張り出して使いましたが、橙黄色より赤みが強くザクレロにぴったりな色味で結果的に良い選択をしたと思います。


赤はガイアのブライトレッドです。
私は一時期ガイアノーツだらけで塗装していましたが最近はクレオスも復権傾向にあります。ナタの部分は黒サフの上にガイアのEXシルバーです。


今週は色々完成しそうです。他にもあれこれ手を出していますんで2019年ねじ込めるだけねじ込んでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください