HGIBO ガンダムバルバトス &
長距離輸送ブースター クタン参型
パチ組みレビュー。

000
本日はHGIBO ガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型 のパチ組みレビューで御座います。

001

正式には本日発売ということになります。
箱も巨大でMGクラスでイラストと共々大迫力です。

002

組立説明書の冒頭には機体解説とパイロット紹介といういつもの構成。

003

え?おやっさん???
まだ劇中でその辺り描かれていませんが長距離輸送ブースターの運転はおやっさんがやるんですかね〜
昭弘と共に人気のあるキャラクターみたいです。かくいう私もお気に入りのキャラクターです。声も素晴らしいですよね。

それにしてもこの解説文凄いです「体臭がきつい」ってwwwwwwwとにかく第11話も見逃せません。

003b

マンロディ、ガンダムグシオンには入っていませんでしたがこちらにはアンケートはがきが入っていました。

切手を貼らないといけませんが皆様のご意見が反映されて今後の商品化などに繋がる?ことも多分にあろうかとは思います。

私は「ガルバルディ、バーザム、バウンドドック、REVIVEハイザック、REVIVEリックディアスの商品化祈願」を事ある毎にやっています(笑)

003c

付属のホイルシール。
クタン参型の分です。大きめでそこそこ枚数がありますがそれ以上に本体が巨大なので特に多いという気はしません。

003d

こちらはバルバトスの分です。

004

ということでパチ組みしてみました。
どれくらい巨大かお伝えする為にグレイズ改を隣においてみました。大迫力の逸品で公称約37センチだそうですが実物は40センチ近いという表現を用いたくなる巨大さです。

巨大な本体を支えるしっかりした構造とサイズのスタンドが付属します。

005

正面。

007

側面。

008

斜め後から。
バルバトスが入っているのが見えます。

009

上から。

010

とにかく長大で見応えがあります。
パーツ構成も秀逸で合わせ目消しが必要な箇所も二基のプロペラントタンクくらいです。それさえも一部段落ちモールドで処理されておりとにかく優秀です。

011

成形色による色分けもしっかりしており付属のシールを使わなくともご覧の通り説得力があります。

012

ガンプラオリジナル?の仕様なのか滑空砲が二門装着可能です。基部で回転、滑空砲取り付けぶで若干の上下スイングが可能です。

013

HGIBO初のクリアパーツが登場しました!
ここにおやっさんが乗るんですかね〜確かに歳星に一緒に残っていましたから何がしかの手段でイサリビに戻らないといけませんしね〜〜

014

先ほどご紹介した滑空砲を取り付けていた部分は差替えで劇中の蓋を取り付けることが出来ます。

015

滑空砲は新規で造形。単品販売されていたHGバルバトスに付属していたものとは異なり収納形態への変形は不可。その分シンプルなモナカ割りで軽量化されています。

016

大迫力のプロペラントブースターは取り外し可能です。モナカ割りですが一部段落ちモールドと合流しているので合わせ目消しも簡単です。

017

意外にも可動範囲は広く表情豊かです。

018

バルバトスは股間の3mm丸穴に取り付けます。

019

下から撮影。

020

バルバトスと比較。

021

組み替えてこんな形態にも出来ます。
これもガンプラオリジナルですかね。非常にカッコ良いです。

022

この形態にする時はバルバトスのバックパックを取り外し装着します。

023

新たに付属した太刀を持って。

024

もはやお馴染みのメイスを持たせてみました。
なぜにこの武器を1/100をつけなかったのかと最初思いましたが当初は序盤で失う予定だったのではないでしょうか?実際序盤で柄が折れましたし。あくまで私の憶測ですが。

それが予想以上に我々のハートを掴んで人気武器になってしまいコンスタントに使用されることになった、と。

025

本キットに付属するバルバトスは単品販売されたものより幾分グレーがかった配色となっているように見えます。渋くて良いのではないでしょうか。

※後々の工程を見越して受け側の穴やピンをカットしたりしているため取り付けがユルくなったパーツはマスキングテープを使って仮留めしたり敢えて取り付けずにしています。実際は適度な嵌合で各部品が組み上がります。

026

メイス。私にとってバルバトスといえば今のところコレです。

027

パーツ構成等は従来と同じです。

028

太刀。

029

これまた従来と同じで安定の出来です。

030

そして今回新たに追加された太刀。
3パーツ構成で柄の部分が色分けされています。挟み込みですが後ハメ加工は簡単に出来ます。

031

新たな敵?ブルワーズも登場しましたしまた盛り上がってきそうです。「鉄血のオルフェンズ」は戦闘の無い回も面白くて見所満載ですが、やっぱり戦闘シーンと闘う動機の描き方が格別素晴らしいです。

032

背中に武器を懸架するお助けパーツも勿論付属します。

033

滑空砲二丁持ち!!

034

武器等をあれこれ装着出来るパーツもおまけ的存在として付属します。

035

腰部に装着して HGIBA MSオプションセット等の武装をあれこれ取り付けることが出来ます。

036

そしてクタン参型は組み替えでグレイズ改に取り付けることが出来ます!

めちゃくちゃカッコ良いです!
これが本命でも良いんじゃないかとさえ思えます。

037

キット付属のスタンドだと高さが足りないので魂STAGE でディスプレイしてみました。重量がそこそこあるので魂STAGEのネジは強めに締めておいた方が良いかと思います。

038

移動要塞的佇まいがあります。

039

忘れていました。機首部分は内蔵のレールによって前方に引き出す事が可能です。

ということでHGIBO ガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型パチ組みレビューでした。

大迫力の大型キットですがとても組み立て易く、その巨大さとは裏腹にサクサク形になります。

合わせ目消しが必要な箇所はプロペラントタンクくらいですし成形色レベルでの色分けもしっかりしていますので付属のシールとスミ入れだけでも相当な出来になるのではないでしょうか。

そして組替えでバルバトスに取り付けてみたりグレイズ改と合体させてみたりと非常にプレイバリューも高く幅広い楽しみ方が出来る、まさに年末商戦を飾るに相応しい良キットです。

当ブログではMGオリジン版ガンダム、2体のREVIVEガンダムMk-II、サンダーボルト関連キットの次あたりに制作したいと思います。

ということでご期待ください。

2 thoughts to “HGIBO ガンダムバルバトス &
長距離輸送ブースター クタン参型
パチ組みレビュー。”

  1. はじめまして。いつも仕事帰りに更新を楽しみにチェックしています。
    自分はパチ組みしかしない初心者なのですが、いつもお写真が素敵だなぁと思って読ませて頂いています。撮影やスプレー塗装の環境など(企業秘密でなければ)も教えて頂ける回があると嬉しいです。
    これからも期待しています!

    1. ブタ様

      コメント有難う御座います!
      本業が立込んで最近更新が疎かになっておりましたがそのようなお言葉をいただくと励みになります!

      暫くパチ組みレビューと簡単フィニッシュがメインになるかと思いますが更新頻度をいつものペースに戻せるよう頑張ります!

      追伸
      当方はブログのタイトル通り難しいことは出来ませんので秘密は御座いません(笑)塗装環境や自作の撮影ブース(しょぼいので失望されるかも知れません)、工具等の整理方法等近日中に記事を書こうと思いますので今後ともご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください