HGUC RGM-79N ジム・カスタム
挑戦!簡単フィニッシュ
まずは後ハメ&パチ組の巻。

000

ここ最近当ブログはガンプラの新製品リリースとある程度連動した製作記事を投稿しておったのですが、前回のBMCタガネ&スジ彫りの記事の反響が大きく今回は独自の動きを取りたいと思います(笑)

ご覧の通りHGUCのジム・カスタムを題材にして
「簡単フィニッシュ(+ごく一部の部分塗装)とスジ彫りでお手軽に個性的な仕上りを目指す」
というテーマで作っていこうと思います。

私にとっても久しぶりの簡単フィニッシュなので非常に楽しみであります。

001a

まずは後ハメ加工しながら。
設定では一色で問題なさそうですが、肘関節は個人的に少し塗り分けしたいのと、ABSパーツなのでスミ入れ時の破損が怖いので後ハメ加工します。

001b

前腕側のひっかかりそうな突起部を取り除きます。
上の写真をご参考になされてくださいませ。

002

続いて関節側を写真の通りはめ込み穴をOの字型からカットをいれてCの字に変更します。
これで充分です。簡単ですね。

003

続いて膝関節。
こちらも後ハメ加工してくださいと言わんばかりの構造ですので非常に楽に解決出来ます。

004

上の写真に赤丸を入れていますがその部分をカットです。後方脹脛側に向かって生えているピンを2つとも根元からカット。

支柱底面に壁に相当する部分があるのでそれをカットして断面がH型になるようにすることで後ハメ完了です。
前方脛パーツと接続するピンも少しだけカットしておけば分解し易くなります。完成時に接着すれば良いですね。

太腿側はノータッチで大丈夫ですが私は少し弄ってしまいました。。。

005

だいたい一時間くらいで組み上がりました。これはかなりカッコいいですね!

無加工でやれば30分くらいで出来そうなくらい非常に組み易いキットです。

発売が確か2010年ですか。この年は私にとってガンプラ革命の年です。

その頃は仕事人間だったのでがっつりガンプラを作るという一切事は出来なかったのですが、ザクF2の出来の良さには驚きましたね。この年くらいからHGUCのレベルがぐっと上がったように見えます。

作る時間もないのに結局HGUCザクF2当時12箱買いました(笑)人気商品であちこちで売り切れていたので本当に苦労しました。
ジム・カスタムの記事なのに申し訳ないですが今のところあのキットが個人的にはガンプラ史上もっともお気に入りです。

今のところ2体しか完成していないのでwwwそちらもおいおい製作していこうと思います。

006

背面。

007

緑がかった薄いブルーに黄色と赤がピンポイントで入るという成形色は実に簡単フィニッシュ向きな成形色だと思います。

008

前腕の合わせ目を予め消しておきました。
※当作例ではセメントの乾燥に5日程かけています。

009

脹脛の下部も大きい合わせ目が出ますがこちらも消しておきました。

010

肩と胴体上部もしかり。
頭部の合わせ目はモールドらしいので助かりますね。

011

今回簡単フィニッシュでの製作のため胸部ダクト、コクピット等のパーツもはめ込みました。
股間ブロックの赤いパーツは取り外せます。

012

肘関節の可動範囲は非常に広く素晴らしいです。

013

こういうポーズも楽に決まります。

014

抜刀!
サーベル刃、柄ともに2本付属。

015

ライフルはマガジンの位置の都合上干渉が大きいですが銃持ち手に角度が付いているのでそれ程気になりませんでした。

016

個人的に本キットで気に入っているパーツはここです。

見事な分割ですね〜〜
簡単フィニッシュするモデラーにとっても非常に有難い構成だと思います。

017

立て膝はあと少しといったところですがこの状態で自立可能です。

018

肩も引き出し式。
穴の開いていない握り拳はやはりカッコ良いですね。
しかし穴開き握り拳は右手分のみの付属となります。

019

左平手は二種付属し、一つは根元で可動します。

020

こんな感じで平手を添えたりする時重宝します。自然な感じですね。

021

シールドもマイナスモールドが別パーツのタイプでこの辺も簡単フィニッシュモデラーに優しい造りで素晴らしいです。

022

Tさん風に「破ァーーーーーーーっ!!!!」

023

ジェスタと。
どちらもかなりモダンなジム系MSで男前ですね。

ジェスタもそろそろ作り始めないとUCが終わってしまいますね(汗)

024

ということで今回は簡単フィニッシュに挑みます!
しかしパチ組だけでここまで完成度の高いガンプラがこの値段で手に入るとは、ガンプラに関しては本当に良い時代だと思います。

ちなみに私は950円で入手しました。

モールドを彫ったり部分塗装等を用いてどこまで個性的なアプローチが出来るか、今回も楽しみながら作れそうです。恐らく今週中にロールアウト出来るかと思います!乞うご期待!!

4 thoughts to “HGUC RGM-79N ジム・カスタム
挑戦!簡単フィニッシュ
まずは後ハメ&パチ組の巻。”

  1. 先日のタガネの記事にコメントさせて頂いたものです。
    何気ない質問を飛ばしたつもりが、実際の作例を見せて頂けて感激しております。
    しかもジムカスタムはジム系のMSの中大好きな機体なのでテンション上がりまくりです。
    完成までとても楽しみにしております。

    ところでザクF2とはそんなに良いものなのですね
    私は基本連邦メカばかりを作っているのですが、増税前に1つ買ってみようかな(笑)

    1. ohka 様

      コメント有難う御座います!返信が遅くなり大変失礼致しました。
      今からジム・カスタムの製作に入ります。非常に出来が良く簡単フィニッシュにもってこいな成形色でどんな仕上りになるか私も非常に楽しみです。
      今週中には完成するかと思います。その際お役に立てる内容になっていたら幸いであります。

      追伸
      HGUCザクF2はプロポーション、成形色、合わせ目の消し易さ、武装の豊富さ、価格の安さ等々あらゆる面で完成度が高いキットで非常にオススメで御座います。
      機会がありましたら是非一度お試しくださいませ〜

      増税前のギリギリになりましたが私も仕事帰りにガンプラを買いに行ってきます〜〜〜

  2. やっぱりですか!?
    僕も同じくジムカスタムが大好きなんですよ!
    カッコイイですよね!!

    1. こーき 様

      コメント有難う御座います!
      発売から随分と年月が過ぎてちょっと自信無さげに投稿していたのですが、こうして反響があると大変勇気づけられます。

      キット自体の出来が非常に良いのでエンジョイしながら製作出来ております。
      今週中には出撃出来るかと思いますので是非ともご高覧くださいませ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください