HGUC No.241 ザクII をつくる。


REVIVEザクのモノアイを塗装していきます。
同時製作している HGUC ザクF2や06Rは手芸用の貼り付けガラスを使うつもりですが、こちらはアニメに登場したザクのイメージ近い造形であるためモノアイもベタ塗り塗装の方が雰囲気が出るであろうという考えからです。

以前製作したリデコ元のREVIVEザク三体も同様の手法で塗装しています。


まずモノアイレールですが、下側に本来生えていた可動用のピンをカットしています。

頭部ヘルメットを外して360度可動するためです。
この改修により完成後、モノアイ点灯状態と消灯状態どちらも楽しめるというわけです。

頭部ヘルメットを外してダイレクトにモノアイを動かす方法に変更する事で頭部をいちいち外す手間が省けますし、その際にクチバシ部分を破損させるリスクを低減させる事が出来ます。


まずピンクサフを吹きます。


こんな感じの発色にします。


お次は赤を塗装。
私はガイアのブライトレッドを使用しました。


当然ながらモノアイレール全体が真っ赤っかになります。


毒々しくて結構こわいです。


で、丸くカットしたマスキングテープを任意の位置に貼ります。


微妙なズレで印象が大きく変わりますのでこの作業は納得いくまでやった方が良いでしょう。


納得出来る位置に貼りました。


ボケちゃいましたがこんな感じです。


でお次は黒サフをブシューと吹き付け。


マスキングテープを剥がしました。良い感じです。

アニメ劇中のテイストを重んじたい方はモノアイの色をピンクにしたり直径を大きめにしたりされると良いかと思います。


今回私の好みでモノアイの直径は2.5mmとやや小さめにしました。色もピンクではなく赤にしました。


本当は三体同時仮組みしてその勇姿を今夜ご覧いただこうと思っていたのですが、まだまだスミ入れも満足に終わっておらずもう少し時間がかかりそうです。

しかもバーニアや武器類の塗装もまだ終わっていませんからね。

06RやREVIVEザクはそれなりにパーツも多いため、三体同時とものなると思いの外時間がかかってしまいました。今週中になんとか完成報告したいのですがね。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください