HGUC バイアラン・カスタム
FA:G マテリア
ミキシング完成報告。

本日の投稿はバイアラン・カスタムとFA:Gマテリアのミキシング完成報告です。

バイアラン・カスタム2号機の余剰パーツとなる通常バイアラン・カスタムのパーツをメインにHGUCゼータプラスのパーツ、そしてMGリックディアス、HGIBOゲイレール等に付属する余剰パーツやお助けパーツ類を動員して形にしました。

カラーはご覧の通りティターンズカラーでまとめました。

ビームサーベルはHGUC Vガンダムのものを使用。

サーベル刃はクレオスのダイヤモンドシルバーを吹いた後、クリアーレッドでグラデーション。

バイアラン・カスタムのクローアームはボールデンアームアームズやグレイズの肘関節等を使って可動します。

側面。
かわいさとメカメカしさの共存を目指しました。

HGUC ハイザックの前腕パーツも使用。これはアイザックをF2とミキシングした際に余剰となったパーツです。

グレイズの肘関節等はゲイレールを作った時に余剰となるパーツを使いました。

お尻付近のブースターは鉄血のHGIBA MSオプションセットから持ってきました。確かキマリスのオプションだったと思います。そこにMGガンダムのマルイチモールドパーツやクシャトリヤリペアードの余剰パーツ等でディテールアップ。

巨大なバーニアはウェーブ社のもの。

プロペラントブースターは無用な破損防止のためにフラップと回転軸を固定しバーニアは大きなウェーブ製のものを使用しています。

水転写デカールはHIQパーツとガイアノーツのダブルネームで作られた箔押しゴールドデカールを使用しています。

レールガンを持たせる事が出来ます!

伸縮可能です!
これも鉄血MSオプションセットから。

FA:Gの武器持ち手は非常に優秀でしっかり且つ自然にホールド出来ます。しかも左右どちらの手でも持てます。

FA:Gは武器を持たせるのが本当に楽しいです。これは自分で作るまで気付きませんでしたね。

余裕を持って武器を持たせる事が出来るだけでなくしっかりマテリア単体では自立します。

立て膝も余裕。

もうひとつの目玉はこちら。

便宜上バイアラン・カスタムブースターという事にしておきます。

戦術したバイアラン・カスタムパーツ等を取り付けるとこんな感じに!

全長約275mm。

勿論マテリアを乗せる事が出来ます。

特に固定するハードポイント等は設けていませんがグリップを握らせればしっかり保持出来ます。

バイアラン・カスタムブースターのフレームはHGUCゼータプラスから。

大型プロペラントタンクはエポパテの空き容器を活用しました。見た目に反してとても軽いです。

取り付け位置:その1

取り付け位置:その2
レールガンは特にピン等で接続する訳ではないのですがジャストフィットします。

こんな感じで装着します。

取り付け位置:その3
この軸に、
キマリスブースターを取り付けます。

フェイスパーツは計3つ。

表情豊かな手首パーツは10個付属。

手首関節は一セット余分に付属します。
得に破損し易いようには思えませんでしたが細かい替えの聞かないパーツが余分に付属すると有難いですね。

腕部や脚部に3mm穴を増設する事が出来るパーツ。

GUNDAM CONVERGE版バイアランと。

我が人生2体目のFA:Gですが自分なりの楽しみ方が出来た気がします。

本体及び付属品一式。
3mm接続出来る汎用スタンド魂STAGEは2個使いました。

ちなみに今回もヤフオク出品中です!
何卒宜しくお願い申し上げます。

という事で当ブログ2体目のFA:Gとなるバイアラン・カスタム”マテリア”完成報告でした。

個人的にはかなり満足出来る内容となりました。次回はBB戦士輝神大将軍 獅龍凰の進捗報告となりそうです。という事でご期待ください。

This entry was posted in FAG_マテリア_NormalVer., HGUC_バイアラン・カスタム, HGUC_バイアラン・カスタム2号機 and tagged , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*