HGUC Ex-S ガンダムをつくる。


背部ビームカノンの取り付け基部を自作しました。プラ材の積層ですが地味な割にめんどく作業ペースが停滞してしまいました。


こんな感じで砲身等を取り付け、バックパックとの接続にはコトブキヤのHIPSランナーを使用し摩耗対策も行いました。


適度な粘りでユル過ぎずキツ過ぎずちょうど良いテンションで接続出来るように調整しておきました。


かなり大胆な角度を付ける事が出来ます。


スタビライザーも合わせ目消し、モールド彫り直し、各種ディテールアップが完了しました。


エッチング製ブレードアンテナを取り付け。


先端にあったピトー管?風のディテールは0.5ミリ真鍮線に置換。


窪地状になって合わせ目が一段下がった厄介な場所にはお助けパーツを詰め込んでディテールアップしつつ合わせ目消し。


MSハンドの平手は抜きの関係か、梱包時ランナーがかさばらないようにしたかったのか、かなりビックリしたようなオーバーアクションな表情が不自然なので、毎度の如く指の根本からカットし角度を変更してから真鍮線を介して再接続したいと思います。

まだ頭部の接続方法も決まっていませんし、肩の後ハメ方法も見出せないなど結構な作業ボリュームがあり予定を大幅に超えた進捗ペースとなってしまいましたが、何とか近いうちに完成させたいものです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください