HGUC マラサイ ユニコーンVer.をつくる。


ようやく本体の塗装に着手しました。


その前にまだやっていなかった工作に関する写真を投稿します。

今回はキット付属の手首を活かす方向で作りますので左手には武器持ち手がありません。

という事で左平手内部にHIQパーツ社の3ミリ径ネオジム磁石を埋め込み、海ヘビの柄にHIQパーツ社1ミリ径のネオジム磁石を埋め込みました。


フェダーインライフルには二箇所1ミリ径のネオジム磁石を埋め込み、左平手にも追加で1ミリ径のネオジム磁石を埋め込み。赤丸で示した箇所にネオジム磁石を仕込んでいます。

フェーダーインライフルを銃として左平手で持たせる際は磁石は使わず腕部と胴体に挟み込む形でホールドさせる予定です。おそらくそれでいける筈です。


太腿の可動範囲拡大のために削り込んだ箇所にポリパテを詰めておきました。その後整形しておきました。


胴体は後ハメ加工を行ったために胸部、腹部、首まわり別個に安心して塗装する事が出来ました。肩の引き出し機構部分は挟み込みましたが、ここのマスキング形状は極めてシンプルなので容易に美しく塗り分け出来ました。


塗装後各部をしっかり接着して組み上がりました。


日付が変わる前に塗り終えたパーツだけで仮組みしてみました。

太くて長いスパイクアーマーが生えていますが、完成後は右肩に取り付けられる大きなシールドとのバランスが取れると期待しています。


当初薄いグリーンの箇所は更に淡いグリーンとのスプリンター迷彩にしたかったのですが、撮影すると色の境界が判別し難くなったので何度か塗り直しました。


あれこれ試行錯誤した後、こんな感じで塗装してみました。


以前このキットを作った時はギラドーガよりの結構濃い目の配色で仕上げましたが、今回はザクを彷彿とさせる淡めのグリーンでまとめてみました。


この後の段取りとしては、一通り塗装を終えた後スミ入れを行い水転写デカールを貼ります。


という事で今回は以上です。
カッコ良く仕上がりそうで完成が非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください