2018年5月3日 製作中プラモあれこれ。

本日は現在進行中のプラモのご紹介です。

まずはSDEXスタンダードのバンシィ。

張り切って塗装したのですがサイコフレーム部分の塗装にクリアオレンジを使ったのですが赤みが強すぎてちょっと予定とは違った色味になってしまいました。。。

これはこれで良いのでしょうがちょっとケバケバしすぎました。

クリアオレンジがキツい部分はもう一度塗り直して印象を変えてみたいと思います。

背面はこれくらいオーバーな発色の方が存在感がアップして良い感じかも知れません。

ビームガトリングマグナムもしっかり塗り分け。

SDは塗り分けや肉抜き穴埋め等地味な作業が多く面倒なのですが良い練習になります。

続いてHGハイドラガンダム。
製作代行依頼品です。

後ろから見ると袴を履いているようなシルエットで面白いデザインです。

膝が殆ど曲がらないのですが変形の都合上逆方向には大きく曲がります。人間とは真逆の方向にぶち曲がる膝は見ているだけで悲鳴が出そうになります(笑)出来れば通常方向にもしっかり曲がるようにしたいので何か手を講じなくてはなりません。近日中に単独記事を投稿予定です。

しんかい6500もいよいよ大詰めでセンサー類のレンズ部分にUV硬化式透明レジンを滴下してクリアパーツ化しました。

紛失したパーツ類も手持ちのマテリアルでスクラッチ。

紛失した当初は焦りましたがシンプルな形状だったので比較的容易に自作出来ました。

こんな感じです。

先端の可動部にはタミヤの曲がるソフトプラ棒を使用しています。

早速塗装しました。

という事で間も無く完成です。次回はこれの完成報告になる予定です。

続いて旧キット1/144アッグ。

箱絵に描かれているメタリックな質感に惚れ込んでこんな感じに塗りました。ここからデカール貼りです。これも完成が近そうです。

数年前にいただいたHGUC ネオジオングに付属するシナンジュの基本塗装が終わりました。ハルユニットは兎に角巨大なのでまずはここから作っていってます。

いよいよデカールを貼っていきます。

前回の再販時に押さえておいたガンダムデカールを使用するつもりですが結構なボリュームですので頑張って貼っていきたいと思います。

というかこれ何処に何を貼れば良いのか全く指定がないのですがwww私みたいなのはあれこれ取捨選択して兎に角サマになるよう形にしますが、几帳面な方や久しぶりにガンプラをされる方にはちょっと酷なんじゃないですかね。。。。微妙に左右非対称なラインデカールも多いですし。値段を上げてでもペラ紙一枚入れるなり公式ウェブサイトに図解の位置指定を公開するなりした方が良いかと。

とまあこんな感じで今回は以上です。今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

This entry was posted in HGUC_ネオジオング, HG_ハイドラガンダム, ハセガワ_1/72_IV号駆逐戦車_初期型, バンダイ_1/48_しんかい6500. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*