MG ドムをつくる。


今夜もドムをやっていきます。


コトブキヤのチェーンソーを使おうと思います。
もう何年前にかいましたかね、グリモアに持たせるつもりで買った記憶がありますのでかれこれ7年くらい前でしょうか。ラベルもすっかり退色しています。


中は新品同然です。
ラベルは退色しつつもコトブキヤお馴染みの離型剤は健在です。


ドム本体も何かプロポーションを弄ろうかと思い、


頭部の横にある左右の突起を持ち上げてみたりあれこれ思案したのですが、元が完璧過ぎますので要らん事せん方が良いな、と判断しました。

私が現在製作しているこのMGドムは1999年版の所謂旧MGという事になりますが、造形面では既に完成の域に到達しており迂闊に手を入れると大火傷すると思います。それほどまでに完璧なプロポーションだと思います。


チェーンソー持たせてみましたが、専用設計ではないのでどうにもしっかりグリップ出来ませんでしたのでグリップ周りは加工するか自作するかする必要がありそうです。


あと開脚出来るように昨日股関節のフレーム干渉部分を切除しましたが、今日は外装も干渉していた箇所を削りましたのでより力強く仁王立ち出来るようになりました。ということ今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください