RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


ヤクト・ドーガ ギュネイ機の特徴である「目」ですが、


今回別にギュネイ機にするつもりもないので容赦なくラッカーパテで埋めました笑


で乾燥後ペーパーがけ。


ギュネイ機もクエス機も何年か前に HGUC でやったんですよね。ですからRE/100では設定まる無視して妄想ヤクト・ドーガを作ってみようと思ったわけです。


昨日悪戦苦闘して複製した手甲パーツはやすりがけしたらかなり美しいものが出来上がりました。

まぁ細かい気泡などが無数にあるのでこの辺をしっかり埋めないといけませんが、ゼロから自作するよりかは圧倒的に生産性が向上したと思います。


すっかり気を良くして手甲の型を合計三つ用意しました(笑)

歩留まりがどれほどのものになるのかわかりませんが、全て一発でうまく成型出来れば現在製作中のリック・ドムⅡ、とズサにもエモーションマニピュレーターを使う予定ですから大変な産業革命となります。

後日製作予定の HGUC ドライセンとドーベン・ウルフにもエモーションマニピュレーターを使う予定ですので余力があればそれらを見越した分プラスアルファ作っておこうと思います。


お次は足裏ですかね。
結構えぐい場所にパーティングラインが来ますんで一旦のっぺらぼうにしてからプラ材で自作という運びになりそうです。

まだまだ地味な作業が続きますが少しずつ完成に向かって全身しております。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください