RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


プロペラントタンクを取り付けたり延長した胴体部分にジャンクパーツを組み付けたりしました。


久しぶりに組んでみたんですがヤクト・ドーガやはりカッコ良いです。


面倒で地味な作業はだいぶ片付いてきましたのでいよいよ本体のディテールアップに取り掛かれそうです。

ようやくスタートラインに立ったという感じです。


プロペラントタンクを仮で取り付けてみました。

ABSパイプ内部にレジンを流し込んで自作していきます。取り付けはタミヤの曲がるソフトプラ棒3ミリ径を使います。


延長した腹部はジャンクパーツでディテールアップしました。


実物はかなり巨大なのですが成型色のせいか表面の情報量のせいか写真だと小さく見えてしまいます。 HGUC ザクF2と比べるとその体格差は歴然。


なんとか巨大感を演出出来るような方向でしっかり作り込んでいきたいと思います。という事で今回は以上です。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください