SDCS ザクII
ぱち組報告。

最近出たSDクロスシルエットのザクを作ってみたいと思います。

箱はこんな感じです。
先週私は近所のヨドバシカメラ博多にて二体調達してきました。

土曜日空いた時間で組んでみました。かなり良い感じなんじゃないでしょうか。

※本キットにはブレードアンテナは付属しません。私はMGザク2.0から持ってきました。

ザクマシンガン両手持ち!

先日完成したガンダムの時もそうでしたがSDでこのポージングが取れるというのは驚異的だと思います。

ヒートホークは本体が一体整形で刃の部分がクリアーパーツ。

MG、HGUC、HGTO、果ては旧キット等々ザクのプラモはあれこれ出てますが、どのザク系キットよりも豪華で造形もしっかりしています。

前腕と脚部に合わせ目が出ます。
完成後もフレーム入れ替え遊びをしたい方はそのままで良いかと思いますが私のようにザクの場合CSフレームはちょっと等身が高いかなと思いましたのでSDフレーム一本で作るという場合は前腕と脚部の合わせ目を消すと完成後の見栄えがより良い感じになるかと思います。

厳密には腰にも出ますがここは殆ど目立たないので完成後の保守性を優先して私はそのままにしようと思います。

ザクバズーカ。
円筒形パーツを連ねて組み立てる方式で驚いた事に合わせ目が出ません!すごい!

三種の手持ち武器全て左右どちらでも持てます。

ザクバズーカはリアアーマーに装着可能です。

脚部の三連ミサイルポッドも付属。
これはかなり満足度高いキットです。

先日作った同シリーズのガンダムと。
私の好みで上半身はCSフレームにしております。

実はヤフオクで手放すつもりだったのですが愛着が湧いて結局手元に残す事にしました。落札者の方にはしっかり詫びを入れておかないと。

先ほども書きましたが武器類に合わせ目は一切出ません。ガンプラ製作時大きなストレスとなる武器の合わせ目処理作業がゼロというのは本当に助かります。ただパーティングラインはどうしても発生しますのでそれはこちらで消します。

先日作ったガンダムの時も良い意味でガンプラらしくなくて驚いたのですが、かなり肉厚な一体整形パーツがあります。

それがビームライフルと頭部パイプ〜口部分なのですが、裏に大きな肉抜き穴が発生するという事もほぼ無く、綺麗に整形されています。

恐らく大量精算時の整形不良リスクを避けるためだと思いますが、従来バンダイのプラモデルは過剰なほど肉厚パーツを整形したがらなかったのですがこれは大きな前進だと思います。

他社製プラモ等ではこの手の肉厚パーツは割と以前からあったので天下のバンダイに出来ない筈はなく、これは是非ともHGUC等にも導入していただきたいと思います。

モノアイはクリアパーツが付属。
※キットひとつにつき一個のモノアイレンズが付属します。

実は一緒にMENG MODELのワールドウォートゥーンズ戦車を手に入れました。最近SD体型の立体物が個人的にツボに入っており新参者なりに色々トライしていっています。

This entry was posted in SDCS_ザクII. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*