HGUC AGX-04 ガーベラ・テトラ
完成報告その2。

000

さてさてガーベラ・テトラといえばシュツルムブースターということで寝不足気味ですが第二部スタートです。

001

見ての通り非常に大きいです。

002

装着!デカさは正義!!

003

旧キットの箱絵風に。

004

デカールは毎度の如くHIQパーツのNCデカールであります。

005

アクションポーズが固めなのはご愛嬌(笑)

006

シュツルムブースターはアナハイムが突貫工事でツギハギだらけでなんとか形にしたという脳内設定でディテーリング。とにかくいつにも増して粗い出来になってしまいましたが、気にせず行きます!次に活かす?!

007

ご多分に漏れず要所要所にラピー金を貼込みました。これは中毒性がありますwww

008

写真では分かり難いかも分かりませんが、シュツルムブースターもコンパウンドで磨いてテカテカにしてみました。所々マットにしても面白かったかも知れませんね。

009

ザクに指示を出す図。

010

恒例の身体測定。
まずはいつものF2と。

011

RGゼータと。
パチった際にもお話しましたが、ガーベラ・テトラのデザインは本当に出所が分からないです(笑)

大抵見た事ないメカでも何らかのデザインランゲージが宇宙世紀のいつ頃かを暗示させるものですが、本機は本当にそれが見えないwwwww

この辺りは明貴先生のデザインの凄さですね。

正直OOとかでジンクスとかと戦ってても全然違和感ないですよね。
まOO観た事ないですけど。。。

012

そんなこんなでHGUCガーベラ・テトラ完成となりました。

本業が大分立て込んで作業も合間合間にという感じでやってたのですが、途中から「自分が何を目指して作ってんのか」よく分からなくなってしまってピントが少しずれてしまったかも知れません。

その辺り反省してまたいつか作ってみようかなと思います。

「0083」を観ていたのは私が中学生の頃くらいだったので記憶違いもあるかも知れませんが、劇中バタバタと登場して結構あっさりヌッ殺された印象があります(笑)

観返してみたい気持ちもありますが、紫豚がね〜wwww
その辺も含めて今観ると当時と違った印象が芽生えるのかも知れませんね。どのみち戦闘シーンはかなりハイレベルな作画と演出だった記憶があります。

閑話休題、今年は(も)かなり私好みのMSやらサポートメカが立体化されて本当に充実しております。来月のゾゴックで今年のガンプラ購入は打ち止めとして積んでいるキットをどんどん形にしていこうと思います!

次はメッサーラと残党マラサイを作ってドーベン!

恐らく月末に作業を開始できそうです。乞うご期待!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください