RG MS-06F 量産型ザク 〜
リアルグレード怒濤の三連発ここに完結!
晩秋の朝にひっそり大団円の巻。



昨年のクリスマスプレゼントとしてガンダムと共にいただいた量産型ザクですが、あまりのカッコ良さに量産化したくなってしまい、その後の正月休みやらゴールデンウィーク等で極秘でちょくちょく買い足しw、4機編成となりここに来てようやく完成となりました。

いや〜今回もまたごく一部の改造の他はパチ組にシール貼ってつや消しというお手軽フィニッシュまっしぐらな内容ですが、このキットは作り手を撰ばない完成度を持っていますね。



おおっ、ザクはやっぱり緑が似合う〜♡



後ろ姿もこの勇姿。

もちろん無塗装(笑)

そう言えば、モノアイと銃器のセンサーだけ筆塗りしました。いつもはクリアパーツを活かす方向で塗装するのですが、今回は写真写りを考慮してザクマシンガンのセンサーとモノアイは白地にべた塗りで透過を敢えて殺しました。

ザクバズーカのセンサーは部品が大きかったのでいつも通りオーロラデカールを裏面に張り込んで表をエナメルのクリアブルーで反射させました。



前回のシャア専用ザクからの改善点として固定式の手首が付属します。これだけで大分ストレスフリーですね(笑)

これは英断。

RGならではの超絶可動で立て膝は余裕です。



RGシャア専用ザクもそうなのですが、腰のフロントパネルにも可動ポイントがあるため、他のシリーズのザクとは一線を画した腰部可動を実現しています。

殆ど人間と同じ可動が出来ます。ここまで動くザクは今までこの世に無かった。

スミ入れはクリアブルーとクリアイエローと混ぜてグリーン系のスミを流しこんでパッケージに描かれているCGのイメージに近づけました。



武装はザクマシンガン、ザクバズーカ、ヒートホークとなります。相変わらずヒートホークは持たせずらいですが、銃器関連は固定手首でバッチリ保持出来ます。

可動指の進化も必要なのでしょうが、プロポーションと保持力がイマイチな現状では当分この方式も並行して採用し続けて欲しいなと思います。



パチ組とはいえRG4機の同時制作は結構こたえました(汗)

シールも殆ど貼りましたが、はがれ易いものはシャア専用ザクを作った時にある程度掴んでいたので、そういったものは省きました。

主に突起に余白ベッタリなシールは曲面との相性がやはり悪いようです。



階級章や番号等は任意のものを撰べますので複数買いしても上手くコレクション出来るように配慮されています☆

これは嬉しいですね



なんとなく後ろ姿の集合写真も撮りました(笑)



RGザクの宿命ともいえる胴体と腕の間の弱々しい「間延びエリア」は今回も2mm弱詰めました。

MSジョイントの該当箇所にも丁度リブというか線が入ってますのでそれを目印にカット。

可動範囲は少し制限されますが、一気にスタイルが引き締まります。



幅詰め改修の効果はこの通り!これだけでだいぶ私好みの体型に変わりました☆

恒例の身体測定。RGガンダムと。



遂にHGUCのF2と並べられるクオリティのF型が登場しました。感動。



参考までにMG2.0と。

我が家では希少な1/100スケールのキットを引っ張り出しました(笑)



前回もやりましたが、別アングルでシャア少佐と共に出撃!



全く以て胸熱過ぎるッ!

ジークジオン!!



アップで見ると色々と私の雑な作業の跡が見えます(笑)

今回も目玉は歯車仕込みで首の可動と連動であります。



「ぐぬぬっ」



ぶわっしゃーん!

とにかくファーストのMS戦は生身の肉弾戦が多くて迫力がありましたね〜

可動が優れているので劇中のポージングもほぼ完璧にトレース可能です。すんごい時代ですねまったく。



RG第四弾でまさかの量産機の登場となりシリーズに奥行きが出ました。

今のところ量産機はこのザクだけではありますが今後の可能性に期待も持てますね。06Rとか06R2とか遅かれ早かれ出るでしょうし☆☆☆

劇中の出番も主役機並みに多いMSということもあり、マゼラアタックやドップ、サムソントレーラー等のEXモデルとの絡みもハイディテール同士相性が良さそうです。

この調子でグフとかリックディアスみたいなHGUC初期のリリースで出来が今ひとつな物はRGでリベンジするような展開も是非見てみたいですね〜。







This entry was posted in RG_量産型ザク. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

3 Comments

  1. 通りすがりの者
    Posted 11/15/2013 at 19:56 | Permalink

    HGUCザクがファーストガンダムに変に忠実なノッペラボーだったんで、この1/144スケールでのハードディティールのザクの発売はホンと嬉しかったですよね。…しかし宇宙戦用のF型のみで、地上戦J型とコンパチじゃなかったというのが残念ですね。やはり宇宙よりも地上舞台の方がジオラマの題材にするケースは多いですし、地上戦タイプJ型はぜひ欲しいですよね。
    06J型ザク、今後RGシリーズで出る事を期待したいです。

    • kajiwara_teppei
      Posted 11/20/2013 at 21:37 | Permalink

      通りすがりの者様
      この度はコメントいただき誠に有難う御座います!
      確かにJ型とのコンパチキット化は技術的に可能だったことでしょうから残念な部分もありますね〜
      しかも相違点も多いから複数作りたいザク系のキットでは改造の手間を考えると自作するには少々及び腰になってしまいますしね。。。
      私はF型で全く問題が無いので時間とお金の許す限り既存のRG量産型ザクを買い続けることでJ型発売を祈願しようと思います(笑)

  2. こーき
    Posted 04/23/2014 at 23:27 | Permalink

    この記事は、何度も拝見させていただいているんですが
    一つ気になる事がありましてw
    誕生日プレゼントはどなたからいただいているのかなぁとw
    キットに全く関係ない質問ですいませんw

    この記事ではないのですが、カプールの完成
    大変楽しみにさせていただいておりますw
    僕自身、欲しいなぁと思い検索したところ旧キットしかなく
    大変残念に思っていたのですが今回の作品をお手本に
    始めて旧キットに手を出そうかななんて思いましたw

    それにしても僕の気になっているキットがいつもどストライク
    でうpされるので大変おどろいおりますw
    これからも、仕事も大変かと思います頑張ってください。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*