AIRFIX 1/72 三菱A6M2b 零式艦上戦闘機をつくる


色々仕掛かり品がある中、今日からAIRFIX 1/72 零戦を作っていきます。


何年か前にヨドバシカメラ博多の店頭で見つけて買ったんですが当時500円だか700円くらいで買った記憶があります。しかもそれで税込です。
値段とは裏腹に内容はしっかりしたもので破格の戦略的プライス。


造形はシャープです。


パイロットが付属しているのも大変有難いです。流石に泥人形気味ですがこのスケールの着座パイロットは兎に角貴重なので有るのと無いのとでは大違いです。

以前も書きましたが 1/72 着座パイロットが大量に入ったセットをハセガワかAIRFIXで出してくれませんかね〜

従来の技術では自作が困難なパーツなどは3Dプリンタ等も視野に入れてあれこれ検討していますがどうなんでしょうね。そう簡単に出来るもんでもなさそうです。


とブツブツ言いながらも手を動かしていきます。
まずはコックピット、これ終わらせないと先に行けませんからね。付属の水転写デカールを三枚使用しました。造形もシンプルながら良い感じです。


モールドなどもしっかりしていて彫りの明瞭さは ACADEMY と似ています。


コックピット内側は黒サフを吹いた上から青竹色を吹き付けました。この塗料は本当に清涼感があって素晴らしいです。サフ、塗料ともにクレオス。


こちらも同様。


主翼裏側に長方形の凸が造形されています。赤枠で囲った部分です。


それに沿ってカットすると長方形の穴が開きます。あたりまえですが。


これで増槽がピタリ。


現時点で組めるとこまで組んでみました。

今回ビネット仕立てにしたいと思っておりますのでまず本体を素早く、しかしカッコよく且つしっかりとした仕上がりで完成させたいと思います。

という事で今回は以上です。今月も並行してあれこれ作っていきますのでご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください