AMX-102
ズサ(ユニコーンVer.)
サフ吹き&経過報告。

000
ようやくサフ吹き間でこぎ着けましたが、まだまだ調整箇所があり難航しているHGUC袖付きズサでございます。

手のかかる子ほど可愛いとはよく言ったものでさっさと完成させたいと焦る反面、いじるのが日課のようになりお気に入りのキットとなりました。

ま、「手が掛かる」と言いましても旧キットをあれこれ切り貼りしていた少年時代を思い返すと今がどれだけお手軽に質の高い完成品を作り易い時代になったかとは言うまでもないことです。やはり贅沢は敵です(笑)私の場合、感覚的なものがどんどん甘い方に行ってしまいがちですからwww

001

まずはモノアイ可動の件ですが、結局上からぶら下げて回転させる方式にしました。

3mm穴にはストッパーになる部品をこさえてモノアイの落下を防止させます。

002

やはり眼光鋭いものがあります。完成が楽しみです。

003

さっとサフ吹き第一陣。
本体は小柄ですが、背負い物や内部パーツ等によってパーツ数は多めで面も大きいのでそれなりに塗料を消費します。

004

後姿。

005

モールドはこんな感じで彫り足しました。

006

焦ってしまい一部塗膜を傷つけてしまいましたのでそこは塗り直しです。。。

007

太腿のスライドギミック部分はサフ吹き時点でパッツンパッツンになってしまったのでここはもう一回ヤスってクリアランス調整をやり直しです。

面倒ですが、完成後ガリガリ剥げるのだけは避けたいので念入りにうまくいくまでやらないといけません。

008

シールドはこのような感じに。

009

ブースターを背負って。
非常にボリュームがあります。

010

側面。

011

背面。
アクシズ系MSらしいものものしい姿です。

012

足裏は肉抜き穴をポリパテで埋めた後モールドを彫り足しました。

苦手な作業だったので手こずりました。

013

完成時のイメージを膨らませてモチベーション高くフィニッシュまで頑張りたいと思います。

014

ということでフロー的には完成までもう少しのところまできましたが、上記の通りまだいくつかの課題が残っていますのでそれらを解決してから本塗装に入ります。ご期待くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください