アオシマ 1/72 航空自衛隊ペトリオット
PAC3 発射機
完成報告。

本日はアオシマ 1/72 ミリタリースケールモデルキットシリーズ 航空自衛隊パトリオット PAC-3発射機の完成報告を行ないます。

差替えでミサイル発射状態を再現出来るように改造しています!

全長約235mm。

ちなみに商品名には「パトリオット」マスコミも「パトリオット」と呼ばれていますが我が国に於いて公式の場では「ペトリオット」と呼称されていますので当ブログでもそれに準じています。

ミラーを除けばだいたい215mmくらいです。

1/72スケールだからお手軽に作れそうだななんてなめた事考えてたのですがいざやってみると結構細かいパーツが多くて作り応えがありました。

造形/パーツ精度等極めて良好で私が幼少期に見たアオシマ社に対する印象を改めるきっかけとなったキットです。

牽引車は三菱ふそうのスーパーグレートという民生トラックベースで超改造されていて本キットも一部通常版スーパーグレートのパーツが入っていました。

ラウンチングステーションと呼ばれるM901発射機は米国ナイキ社などが製造したものなのでこれと牽引車の濃緑色は別の色にするのがリアルという模型的文法がありますが報道を見る限り同系色にまとめられています。導入当初そうだったのか部隊によって色々あるのかも知れませんね。

私は模型的な迫力や見た目の良さから写真の通り色味の異なる濃緑色をふたつ作って使い分けてみました。

牽引車正面。
通常モデルとは異なる部分も多いですがどうみてもふそうです。なごみます(笑)

なごみます(二回目)
くどくてすみません。でもねなんかリアルに仕上がったな〜なんて自分で関心してしまって。。。

お気に入りのショットです。

火!
付属の水転写デカールの質も良好で貼り易かったです。発色も良い感じです。

発射機M901と接続するケーブルは付属のビニールチューブで行ないます。

牽引車を外している時はビニールチューブの先端をフレームの穴に収めてみました。調度良いサイズの丸穴が開いているので片付け易い造りです。

パワートレインも力強く仕上げました。

小スケールながらこまめにクリアパーツが使われています。上部ライトもクリアパーツです。

その分細かいパーツが多いという事になりますので紛失注意です。

そして破損も注意ですがその分発色が素晴らしいです。

大きさ比較!

大人のデスクトップディスプレイ的な良い塩梅の佇まい。

ここはチラりポイント。

チルトアップ時のシャフトはキットのままだプラモなので当然プラパーツなのですがここはポッキリ逝ったりしそうなのでアルミ線に変更しました。長さは15mmでジャストフィットです。

続いてM901発射機。

完成後ポロリすると悲しいので 完成後ポロリすると悲しいのでビニールチューブを端子毎にゼリー状接着しっかり固定しました。長いものが25mm、短い方が15mmです。

発射体勢にする際はアンテナを展開状態を再現したものに差替えます。これがまた良く出来ていて赤丸で囲った部分がストッパーになってちゃんと固定してくれます。

アウトリガー部分だけ造形があやふやでモヤっとしたので0.5mm真鍮線を使ったりしてシャープな感じにしてみました。

こんな感じ!
超カッコ良いです。

立体映えします。

ちなみに牽引車と発射機を接続する際に挿入するビニールチューブ接続部分はこんな感じです。

本キットにはミサイルとミサイル発射時用のハッチが付属します。選択式で作る事が出来るのですが私は貧乏性なのでどちらも再現したいと思ったのです。

コンパチ化するだけだと物足りないのでエフェクトパーツも用意しました!ビルダーズパーツのMSエフェクトを加工したものです。

発射!!

右上のハッチをネオジム磁石で付け替える事が出来るように改修しています。

付属品一式。

ということでアオシマ文化教材社1/72航空自衛隊ペトリオット(商品名はパトリオット)PAC-3発射機の完成報告でした!

ずっと作りたかったキットだったので良い感じの仕上りにする事が出来たので大満足です。このシリーズは今後もちょっとずつ作っていきたいと思いますのでご期待ください。

This entry was posted in アオシマ_1/72_航空自衛隊_パトリオット_PAC3発射機 and tagged , , , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*