バンダイ 1/144 AT-AT
およびビークルモデルAT-ST & スノースピーダー進捗報告 その4

とBB戦士 Hi-νガンダム
タミヤ 1/48 ヘッツァー(中期生産型)進捗報告など。

今回もいろいろ作っていってます。
まずはタミヤの1/48ヘッツァー。

押し出しピン跡があります。

ラッカーパテをシンナーで溶いたものを使って埋めます。

改めてぱち組完了。

履帯は一箇所だけ解放したまま形状を整え待機。

「光と影」迷彩の一種であるディスク迷彩を再現するにあたって手持ちの塗料で一番近そうなのものを並べてみました。私は指定色でプラモを塗った事がありません(笑)近い色を使って理想に近づけていきます。

輪転は塗りたい面の直径を測ってマスキング。

円定規で直径を測ってサークルカッターでマスキングテープに真円の穴を開けます。

こんな感じに綺麗に塗り分け。

順序が逆になりましたが今回も黒サフで下地づくり。

サフはネオジオング用にオキサイドレッドを大量に買って二年近く寝かせているのですがスケール的に小型キットなので迫力重視で黒サフにしました。

といってもちょこちょこ使って残すところあと3瓶ほどですが。

ディスク迷彩どうやってぬっていくか現在思案中です。何か自分なりに簡単に綺麗に塗れる良い方法を編み出したいところです。

実はこういったものも完成に近づいています。

輝神大将軍獅龍凰のデカさをお伝え出来るようちょっとずつ作っておりました。

これも数年前にいただいたきり完成が遠のいていたのですがここにきて一気に完成が近づきました。

青い部分は一旦ガイアのブルーを吹いた後、クレオスのGXクリアーパープルを吹いて赤みのあるHi-νガンダム独特のパープル感を狙いました。白い部分はしんかい6500を塗る時に一緒に白サフの後、EXホワイトを吹きました。

まあまだ細かい部分の塗り分けが終わってないですが輝神大将軍獅龍凰が完成するタイミングに合わせられれば良いかと考えてます。

それにしてもAT-ATですが、けっこう足動きますね(笑)

0.4mm径の極細リード線とコトブキヤのジョイントパーツを加工したものを用意しました。ボール状のパーツにはネオジム磁石を埋め込んでます。

ここで製作当初AT-ATの足に仕込んでおいたネオジム磁石の出番がやってきます!

!!

ジオラマベースも現在乾燥中ですのでこれはもう完成秒読みといった感じですかね。3月の完成報告トップバッターはこれになりそうです。という事でご期待ください。

This entry was posted in BB戦士_Hi-νガンダム, タミヤ_1/48_ヘッツァー_中期生産型, バンダイ_SW_1/144_AT-AT, バンダイ_SW_ビークルモデル_AT-ST&スノースピーダー. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*