BANDAI SPIRITS
30 MINUTES MISSIONS
1/144 ポルタノヴァ(水中仕様)[パープル]をつくる。


30 MINUTES MISSIONS関連の製作記事は今回が初めてです。
昨年いただいたアルトと共に今回は先日発売された水中ポルタを作ってみたいと思います。箱からしてカッコ良いです。

私は予約購入したんですが店頭でも目立ちますね。メカものプラモの配色というのは非常に重要だと思います。


ガンダム的世界観で例えるならゼー・ズール的なやや異形感のあるシルエットが非常にカッコ良いです。30 MINUTES MISSIONSの情報自体には疎いですがヨドバシで予約出来ると知った瞬間即予約しました(笑)


組立説明書は片面カラー四つ折り。
一見見やすそうなのですが、


同社のスターウォーズ関連キット製作記事でも私はボヤいてきましたが折り目がコンテンツを跨ぐデザインであるため非常に読み難いです。


私が何を言いたいかお伝えするために赤い破線を引いてみました。

組立図を読んでる途中に折り目が来ると非常に読み難いのです。しかもポルタ部分とマリンオプション部分を別コンテンツ的に表と裏に別途記述される謎構成のせいで組み立てフローを丸無視した形でモデラーは組立説明書を行ったり来たりしてしまいます。先にオプション部分を組んで欲しいのでしょうが、工程的に自然ではありませんし、折り目がコンテンツを跨ぐ事で読み難い事には変わりありません。

それ以外が世界最高レベルで優秀である分、組立説明書の読み難さが悪目立ちします。個人的には唯一の欠点だと思います。


組んでみました。


素アルトでも私は組み立てるのに一時間前後かかりますので今回の水中ポルタはぱち組するのに一時間半くらいかかりました。


パーツ数が思いの外多い分、平均的な HGガンプラとは比べ物にならない程の密度感がありチープな感じは全くしません。


パーツ構成も練りに練られていて合わせ目が気になるのは頭部の前後合わせ部分くらいです。これはアルトも同様です。


如何にもダイバー的な意匠が非常にカッコ良いです。
ゼー・ズールなどがどストライクな方にはたまらないんじゃないでしょうか。私がそうです笑


そしてこの配色ですね。
一目見て夢中になりました。絶対にこのプラモ欲しいと思いましたね。予約開始した瞬間クリック連打しました。


今回地味目にしか動かしていませんがアルト同様ダイナミックなポージングが出来る非常に広い可動範囲が確保されています。


配色はちょっとこれを超えるのが難しいと思いますのでまず一体目はこれに準じて塗装しようと思います。


完成が楽しみ。


ロイロイも勿論付属。


ヨドバシカメラマルチメディアで30 MINUTES MISSIONSオプションパーツの100円セールがされていたようで日頃スケモコーナーに直行している私は完売寸前の所でこれだけ入手してきました。

ダークグレーのアルトも昨年いただいていたのでそれを製作する時に使ってみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください