BANDAI SPIRITS 1/72 境界戦機
アメインゴーストをつくる。


概ねシルエットが固まってきました。


前回の作業では導入を見送るか否か逡巡していたのですが、熟考の末肩アーマーにスパイクを取り付けることにしました。

マスキングテープの幅を利用して正確な位置を決めていきます。


開口しました。


MSスパイクの取り付け径は独特な口径となっており3ミリ径と思いきや実際は3.4〜3.5ミリ程あります。


位置合わせも完璧に決まり、左右でズレが目立つという事もありませんでした。


瞬着の点付けで仮組み。


これでシルエットがよりスパルタンなものになるかと思われます。


スパイクを取り付けた事でジャミングユニットは干渉してしまいますので今回オミットする事にしました。

恐竜やトカゲの顔のように見えませんか?
後々ジャンクパーツをあれこれ組み合わせて楽しませてもらおうと思います。


この段階で一旦組んでみました。


こりゃたまらん。


もともと凶暴だったゴーストのシルエットがより攻撃的なものとなりました。


背部ユニットもあらかた形が定まりました。


ダンバインに出てきそうな印象となりましたが。


こりゃたまらん(2回目)。


重心バランスも関節強度もしっかりしている機体なので背中にあれこれ積んでも全く問題ありませんでした。


背中に生やしたユニットはご覧の通りフルメカ 1/100 グシオンリベイクのものです。通常の緑グシオンとの選択式キットであるため、以前グシオンとして製作した事でリベイクのパーツがあれこれ余剰となっておったのです。


バーニア先端には当ブログお馴染みのMSエフェクト01を取り付ける事が出来るように内部に内径3ミリのABSパイプを仕込んでいます。


かなりの巨体で重量もそれなりにあるキットなので魂STAGEに取り付ける際はビスをキツめに調整しておく必要があります。


MG キュベレイの外装パーツが何でこんなに手元にあるのか不思議でしょうがなかったのですが、よくよく思い返してみるMG キュベレイダムドの余剰パーツであったようです。確かにあれは2体作りましたからね。

当時使わなくとも大事に保管しておけば数年後出番が回ってきますので私は絶対に捨てません。そのせいでジャンクパーツ置き場の確保に苦慮してはいますが。

ゴーストもエルメスや ザウバー C9同様、年内に完成報告出来るよう気合を入れて何が何でも月内完成させたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください