童友社 カラフルキュートタンクをつくる。

誕生日プレゼントとして先日いただいた童友社カラフルキュートタンクシュトゥルムティーガーを作っていきます。

複数の成型色が用いられており組み立てるだけでご覧の通りカラフルでキュートなタンクが出来上がります。

ちょっとアレな意味で日本人離れした配色センスでたまげますが(苦笑)造形自体は非常に素晴らしいです。欲しかったんですよ。こういうSDシュトゥルムティーガーが。

砲塔はスプリング仕掛けですが私的にはこのギミックは有っても無くても良さそうです。

起動輪、転輪の類は全て可動します。見た目だけで無く造りもがっちりしていて好感が持てます。

本キットは接着剤不要のスナップフィットモデルとなっており小さいお子様や初めてプラモデルをつくるという人にも安心してオススメ出来るキットです。

離型剤がやや残っている感がありましたので塗装される場合はしっかり洗浄しておいた方が良さそうです。私はこのキットに限らずやすりがけが終わってから超音波洗浄機に突っ込んでます。

開封〜即洗浄という行為に意味を見出せないんですよね。どのみちゲート処理やらするわけで。だったら一通り作業が終わってから洗浄した方が合理的なので私は昔から洗浄は塗装直前で行います。離型剤もプラ粉等も一緒に落としてしまうのです。無駄がありません。私はこんな調子で年間50体以上多い時は100体以上完成させてきたので多少は説得力があるかと思います。

履帯はコマに左右両側に糸が通った状態で成型されておりモデラーは視点と終点を金属ピンを通して固定するだけで良いという状態で成型されております。インサート成型って言うのでしょうか?凄いですね。童友社驚異のメカニズム!私は塗装後取り付ける予定です。

モンモデルのWorld War Toonsシリーズと大きさ比較。このキットに関心がある方は皆これが気になっているかと思います。

完全にWorld War Toonsと並べる事を想定済みのサイジングで車体ごとの大きさの差は実車イメージを踏襲しており一緒に並べても自然で違和感が無い大きさとなっております。

リアル頭身戦車タミヤ 1/48 ヘッツァーと大きさ比較。こちらも数年前にいただいたものでいつかビネット仕立てで完成報告したいと思います。

サフを吹きました。

並行して製作しているサイバーホビー 1/35 ドライジーネ 同様ガイアノーツのサーフェイサーEVOオキサイドレッドを使用。

私の模型人生には欠かすことの出来ないサーフェイサーです。

砲弾をぶら下げるクレーン先端にある輪っかは紙を帯状にカットして自作。これがあるだけで一気にぽくなります。

可動履帯は黒サフを吹きました。これもガイアのサーフェイサーEVOです。黒サフはガイアとクレオスどちらもよく使います。白サフは最近ガイアからクレオスに宗旨替えしそうな感じです。という事で今回は以上です。イタレリ 1/72 ブルムベアもサフ吹き完了しました。このストームタイガー、ドライジーネ 共々連休中に完成させたいところです。

This entry was posted in 童友社_カラフルキュートタンク_ストームタイガー. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*