ガンダムベース福岡に行く。2022年2月4日


先週金曜日にガンダムベース福岡に行ってきましたので今回はそれに関する投稿を行います。


というのも現在制作中の HGBD:R エルドラブルート、旧キットビグロ、同じく旧キットアッグともにいまいち記事を書くほど進捗しなかったためです。

エルドラブルートは合わせ目消しさえ終わればすぐにでも塗装に入れる筈なのですが、棍棒がね…これどうしましょうかね。いっそのことスパイクを全てこそぎ落としてしまいたいですが以前も書きました通りスパイクをアフターマーケット品で賄うとエルドラブルート何体分になるのかというくらいの金が掛かりますからね(笑)

ダメもとで博多の手芸用品店パーツクラブに行って代替出来そうなものがないか近日中に探してみようと思います。


先週ガンダムベースに行った最大の理由がこちらです。ガンプラのランナーですね。何体分あるのかわからないほど貯まっていましたのでこれを回収ボックスに投函しようと思ったのです。


現在ガンダムベースの入り口付近に回収ボックスが置いてあるので出しやすいです。


ついでに店内も物色してきました。
人は少なかったです。
貴重な1/60ドムも何箱かありましたよ。この土日で売り切れたかも知れませんが。


1/60量産型ゲルググなどは今の目で見てもプロポーションが素晴らしいと思います。


ガンダムベース福岡においてこの棚こそが私のメイングラウンド(笑)ガンプラ旧キット群。まさに童心に帰るというやつです。

この日も熱い顔ぶれが揃っていました。ブラウ・ブロまだありましたよ。いつも再販された瞬間消えるイメージでしたが。もう少し泳がせた後それでも残っていたら一箱買いましょうかね。

手ぶらで帰るのも無粋ですからもともと欲しかった300円のガンプラ旧キットをひとつ購入しました。近日制作予定です。


こちらはガンプラ旧キット1/100メイン。


どういった意図か私には計りかねますが、このご時世にBANDAI SPIRITSは情景模型シリーズを一挙再販です。


このシリーズはありとあらゆる面で非常にハイレベルだと思います。


いちいちちっちゃいマスコットプラモ?でしたっけ、かなり小さなガンプラが付属していてこれを別商品として販売して欲しいんですよね。何体かセットで1000円くらいに収まる数GMやらズゴックを袋に入れて。


不思議な世界観のあるシリーズだと思います。
子供の頃もいくつかトライした記憶がありますが、大人の鑑賞に耐え得るレベルに仕上げるにはある程度の工作力や構成力、すなわち表現力が必要だと思います。当ブログでもいつかガチでやってみましょうかね。


最後はガンダムベース福岡が入っている商業施設キャナルシティから中洲側を眺めた際の写真など載せておきます。


この日あたりから福岡もぼちぼち冷え込んできましてね、暑がりで汗かきな私にとっては服装が難しいんですよ。

上着をちゃんと着ないと寒い。しかし商業施設内に入ると暖房がガンガン効いていて暑くて汗だくになる。で、外にでたら汗が冷えて寒いという悪循環に陥りますから。

ですので私は少々寒くても服を一枚抜いて施設内に入った時暑苦しくならないような服装になるよう留意するようにしています。便利が良い場所に住んでますから私にとって高価な防寒着等はオーバースペックなのです。ということで今回は以上です。

3 thoughts to “ガンダムベース福岡に行く。2022年2月4日”

  1.  はじめまして。
    昔、1/550のモビルスーツがボードゲームのコマになって沢山、入ってるのがあったんですよね〜
    再販されないかな〜

  2. こんにちは。
    いつも楽しく拝見させていただいております。
    スパイクですが、自分はプラ丸棒を電動鉛筆削りに突っ込んで使ってたことあります。
    今回の用途でサイズ等つかえるかわかりませんが、安価で量産するには向いてるかなーと。
    ご参考までに。

    1. 有難う御座います!
      返信が遅くなり大変失礼致しました。
      今後もご笑覧いただけましたら幸いです。
      何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください