ハロプラ ザクレロハロ をつくる。


先日いただいたハロプラ新製品ザクレロハロを作っていきます。


いにしえの名作ザクレロの箱絵と比較しても分かる通り伝統が踏襲されております。何気にザクレロハロの方がヒートナタは凶悪そうに描かれています(笑)


書体まで見事に原典を踏襲。素晴らしい。


ザクレロ。


ザクレロハロ。


接着剤不要、工具不要を謳ったお手軽キット的な位置付けの商品ですがランナー構成は非常に豪華な多色成形が採用されています。


色使いがスウェーデン代表みたい。


マーキングや足りない色はシールで補う事が出来ます。


約12分で組み上がりました。


シンプルなパーツ構成ですが色分けも優秀でこのままでもかなり様になります。


造形はもう完璧と言って良いのではないでしょうか。


腕部に豪快な肉抜き穴があるのですが、箱絵の時点でガッツリ描かれていますんで埋めなくても後ろめたさがありません。ボールハロの時もそうですがこれは助かります。


個人的に驚いたのは肩のハートマークが彫刻されていた点です。
この彫刻のお陰でシールに頼らず塗り分けとスミ入れででパーソナルマークが再現出来ます。こんなところまで旧キットを踏襲していてBANDAI SPIRITSのこだわりを感じます。

という事で今回は以上です。
あまり難しいことは考えず現在進行形で製作中のキットと並行してサクッと完成させたいと思います。このペースで行くと今月は結構な数完成させる事が出来そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください