ハセガワ 1/48 F4U-4 コルセアをつくる。


細々とした箇所の塗装なども終わらせていきます。


プロペラもウェザリング作業直前の段階まで来ています。
先に黄色(クレオス黄橙色を使用)を塗るためにピンクサフを塗布し、プロペラ先端部分は凸モールドに沿って塗り分け。

水転写デカールも貼り終えています。


アレスティングフックのストライプはマスキングして塗り分け。


まぁ良い感じに塗り分け出来ました。


1ミリマスキングテープを巻きつけて塗り分けるのですが、小さく細いパーツに対して行いますのでそれなりに根気が必要です。


タイヤも塗り分け。


ホイールとタイヤの境界はマスキングしエアブラシ塗装。ホイール内の黒はタミヤエナメルを筆塗り。


タイヤの写真二点の左側に白い毛のようなものが写っていましたが、それは台座の天板にモールドを追加している際に発生した樹脂の残渣です。


黒サフを吹いて状況を確認しました。
スジ彫り工具を脱線させてしまって傷が出来ていたりしますが、今回木目模様に仕上げるつもりなのであまり気にせず手を動かしていきます。


こんな調子で逆方向の直線を彫って飛行甲板を作っていきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください