ハセガワ 1/48 日本海軍 中島 E8N1/E8N2 九五式一号/二号水上偵察機 大和搭載機
進捗報告2

および

バンダイ 1/48 しんかい6500(推進器改良型)

HGUCネモ製作開始

1/35メカトロウィーゴ「すぽーつ」進捗報告など。


ハセガワ1/72九五水偵そろそろ塗っていきます。


なぜかエンジン周りだけちょっと前に塗り終わっています(笑)


プロペラ、エンジン、カウル共に下地はEXブラック。


その上からプロペラはEXシルバー、エンジンはガンメタ、エンジンカウルはバーチャロンカラーのVO-15 フレームメタリック(2)。この塗料はかなり使えます。今回使っている塗料は全てガイアノーツ製です。


本体もEXブラックを塗ってみました!


既にカッコ良いです!


ここから銀を塗っていきます。


ということでEXシルバーを吹きました!


まだまばらに塗ってみたりして様子見ながら吹いてますが何やら良い感じになりそうです。


主翼や足まわりは一度EXシルバーベタ塗りしてから改めてEXブラックで影を付けた方が綺麗に仕上がるかも知れません。


この辺りは焦らずちょっと試行錯誤してみたいと思います。


しんかいもほぼ完成に近づきました。


現在細々した箇所を塗り分けたりしていっています。


付属の電飾ユニットも取り付け発行テストも無事完了しました。


同期ピンガもディテールアップしてよかったです。トップコートはマットにしようと思います。完成が近いです。


唐突ですがガンプラはHGUC ネモを作る事にしました。


普段ジム系キットを滅多に作らない私ですが(と言いながら結構作ってますね)このキットは本当に出来が良くてかなり気に入っています。

肘を後ハメ化したりモールドをBMCタガネで追加したりしています。細かい塗り分けが必要なきっとなのでそこはモデラーの腕の見せ所ですかね。作り易いキットですがガンプラ独特の色分けの難しさもあったりして良いバランスのキットだと思います。


続いてメカトロウィーゴ「すぽーつ」。
光沢クリアを最大6層ほど吹きましたがそれだけだと写真で見ると光沢コートの層が柚子肌です。これを研ぎ出して平滑にしテカテカな仕上がりを目指したいと思います。


背中は「垂れる寸前」のトップコート重ね吹きが効いて研ぎ出す前から結構平滑に。


ですがより平滑な曲面を出すために研ぎ出し開始しました。

一発で光沢が消えて悲しくなりますがこの作業のおかげで細かい埃が取れました。番手を上げて光沢を取り戻していきたいと思います。


赤い個体も同様。
よく見ると細かい埃がトップコートに飲まれています。


研ぎ出し後。
一旦光沢は消えましたが、それと同時に埃の類も取れました。こちらもここから番手をあげて磨いていきます。

という事で今回はここまで。しんかい6500と九五水偵の完成が近そうですがどちらも付属品やら情景やらを加えていくつもりなので完成報告はもう少し後になりそうです。

となるとメカトロウィーゴが先に完成となるかも知れません。ネモは来週完成させたいところです。他にもガンプラの在庫が相当あるので何かチャレンジしたいと思っています。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください