ハセガワ 1/72
ローゼンバウアー パンサー
6×6 空港用化学消防車と
F-2Bをつくる。


ローゼンバウアー パンサー 6×6 空港用化学消防車 完成が近づいてきました。


ここに来て塗り残しが発覚し再度マスキング。
デカール貼った後の話なのでデカール貼り付け部分にマスキングテープが重ならないようにハガキのような少し厚みのある紙を切り出してデカールを回避しながらマスキングテープを貼り付け。

※この部分は一応デカールで再現出来るようになっておりますのでお好みで塗装・デカールを選択する形となります。


F-2Bの塗り残しも同様にマスク。その後胴体の合わせ目消しをして乾燥後こちらもいよいよ本塗装に入れます。


塗り残し箇所は最終的に銀色にしたいのでまずはEXブラックをしっかり塗装し下地を光沢黒にしておきます。


EXシルバーを吹きました。


上手くいったようです。


天井にクレオスの油彩系塗料、ウェザリングリキッドを塗って単調さを回避します。

「航空自衛隊」と書かれた白い面積が多い箇所も同様にウェザリングして白が強いところのトーンを落として自然な感じにしておきます。


運転席。


完成すると殆ど見えなくなるので今のうちにぱしゃり。


一箇所成型不良がありました。


A1のパーツの形が全然ちがう。。。でも勢いでそのまま使いました(笑)


現状で仮組み。


どうやら完成が近いです。


という事で今回はここまで。
組み易いキットではありますが、パーツ数149とそこそこある上に細かいパーツも多いのでやっぱり気を使います。集中を切らさずにしっかり完成させたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください