ハセガワ 1/72 SR-71 ブラックバード
ラストミッション 完成報告。


ハセガワ 1/72 SR-71 ブラックバード ラストミッション完成しました。


当初は二、三日で完成する予定でしたが、なんだかんだと足掛け一月近くかかってしまいました。


今回スタンドを自作しました。


台座はプラ板の箱組みで内部には石膏を充填しています。


台座の重量500gオーバーで本体をしっかり支えます。


台座含めて全高約56cmとなります。巨大です。


パネルラインに沿って AK-Interactive ウェザリングペンシルで描き込んでみました。


今回の製作で気づいたんですがこのような凸モールドキットとウェザリングペンシルは非常に相性が良いです。突起したモールドにウェザリングペンシルを擦り付ける事でパネルラインを描きます。


昨年いただき製作した”ICHIBAN”と並べてみました。


どちらも全長約47cm、もう圧巻としか言いようがないです。


“ICHIBAN”もウェザリングペンシルでパネルラインを描き足して近いうちにブラッシュアップしてみようかと思います。


という事でハセガワ 1/72 SR-71 ブラックバード “ラストミッション”完成報告でした。

昨年いただいた”ICHIBAN”同様、非常に巨大で完成後の満足感は相当なものがあります。

1981年産まれのキットにレジン製追加パーツ&箱替えデカール替えといった内容ですがパーツ精度も非常に高く擦り合わせに難儀するような事もありません。40cmを優に超える長大なパーツが含まれるというのにこれは驚異的な技術だと思います。

“ICHIBAN”も本キットもAmazonなどで探せばまだ適正価格で入手可能ですので気になった方は是非。来年はドイツレベル から 1/48版が新規金型でリリースされますがそちらも今から非常に楽しみです。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください