HGBF ジムスナイパーK9
進捗報告。

HGBFジムスナイパーK9、工作の方はいよいよ大詰めを迎えパーツによっては塗装に入り出しました。

脹脛のスラスターカバー。

今回は通常のジムスナイパー(頭部はEz-8)と同時に製作しております。同型の本体を2体同時に工作することでよりノーマルのジムスナイパーⅡを事実上パーツ取りとしようかと考えておりましたが結果的に2体とも完成させることが出来そうです。

靴。

ホルスターは前回の工作だけでは物足りなかったのでこのように情報量アップ。

膝〜脹脛〜裾。
ここは非常に作業量が多くエネルギーを特に使いましたが無事に形になりました。K9の方が情報量が多めになっております。

脚部前面外装。

K9には足の甲にもモールド追加。

アンクルアーマーは一旦今まで通りのモールドを彫りました。

コンディション良好でモールドがより上手く彫れたパーツを組み合わせていきます。

当時のモールドからより進化したものにしたかったのでこのような形でモールド追加。

太腿外装も前回の作業だけだと物足りなかったのでこのようにモールド追加。今まで作ってきたK9を超えるクオリティに到達出来そうです。

お次は金属パーツの塗装を始めます。
メタルプライマーは今回ガイアノーツのマルチプライマーを使いました。金属パーツこそ塗面を薄くして素材のシャープさを活かしたいので私はメタルプライマーもエアブラシで吹きました。

ちなみにメタルプライマーは塗った時べたべたしているのが正解です。
その状態のお陰で塗料が食いつきます。塗料を吹けば普通に乾燥します。

ということでマルチプライマーの上にクリアーレッドを吹くとこんな感じに!

御依頼主の方のご指名で初めてメタルバーニアというものを使いましたが本当に美しいですね〜

外殻を嵌めるとこんな感じに!!
私も稼ぎが良ければ全てこれに置換したいくらいです(笑)

ついでにフジミ艦NEXTの戦艦大和純正エッチングパーツにもマルチプライマーを吹きました。

下地色は黒にしました。

大和はここからが本番です。
戦艦はスジボリガンガン彫ってディテールアップしたガンプラとはまた違った方向での体力勝負となります。

工程の都合上、先にジムスナイパーⅡ(頭がEz-8)の塗装があらかた完了しました。

想像していた以上にカッコ良くてかなり気に入っております。
名前はジムスナイパーEz-8にでもしておきましょうかね。ガンダム顔のジムというのも面白いですし。

K9制作時の部品取り用だったとは思えない(笑)

写真は塗装直後ですがスミ入れ、デカール貼り等も終わっておりまして後はトップコートを吹くだけという段階となっております。ということで完成報告ご期待ください。

最近また塗り分けやスジ彫り量の多いものを作るようになってきました。ケースバイケース、適材適所でエンジョイしていきたいと思います。



This entry was posted in HGBF_ジムスナイパーK9, HGUC_ジムスナイパーⅡ and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*