HGBF LGZ-91
ライトニングガンダム
+
ライトニングバックウェポンシステム
基本塗装完了の巻。

000
夜なべガンプラでHGBFライトニングガンダム&HGBCライトニングバックウェポンシステム(以下LBWS)の塗装が概ね終わりました。

いよいよ大詰めです。

001
配色はバイアラン・カスタム2号機風にしています。空飛ぶMSはこの手の配色が非常にサマになります。

青部分がタミヤ「ブリリアントブルー」、薄い青がタミヤ「ライトブルー」。本当は先にバイアラン・カスタム2号機に使う筈だったのですが…あちらの方は来年になりそうですね。

昨日放映されたビルドファイターズ・トライ本編での活躍もシビれました。まさに死闘でしたね。個人的には三代目メイジンが相変わらず熱い性格だったのがツボでしたwww三代目メイジンのあのギャップが良いんですよね(笑)

002
LBWSを背中に付けるとさすがに自立が怪しくなってきます。
シールドとライフルを持たせてようやく重量バランスが保てるといった感じですのでこの状態でディスプレイする場合は大事を取ってスタンドを使って飾った方が良いと思います。

003
完成後F2あたりと並べてみますが、かなり大柄な機体です。

004
LBWS単独で。

005
本体のみで。
この状態でも完成度が非常に高いキットです。

今回はあまり派手なアレンジは行わず逆にプロポーションは自分好みに印象を変えるために大きく弄りました。

006
胴体の延長が上下ブロック合わせて約4mm、脚部は太腿部分で2mm延長し少年体型っぽさを消しスパルタンで力強いスタイリングを目指しました。

007
方のフラップ?部分がPS同士での挟み込みなのでスカスカになってしまいがちなので瞬着で軸を太らせ調整しました。強いて挙げるならこれが本キット唯一の弱点ですかね。

それにしても秀逸なデザインですね。センチネルあたりに紛れ込ませても全く違和感のないルックスだと思います。

008
ということで完成が近づいてきました。
次の作業はお楽しみのデカール貼りですが今回はとにかくスッキリ見せたいのであまり貼り過ぎないようにしたいと思います。

その後一次トップコートを行いスミ入れ、そして仕上げにマットコートを行った後付属のシール&ラピーやレンズパーツ嵌め込み等を行えば完成です。

ウイニングガンダム出荷前に完成させたかったですが少しずれ込みました。その分良い感じに仕上がりそうです。ご期待ください。

This entry was posted in HGBC_ライトニングバックウェポンシステム, HGBF_ライトニングガンダム. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*