HGBF 戦国アストレイ頑駄無&
HGBC 祭ウェポン
弐体目出陣の巻。

000

さてさて二体目の戦国アストレイ頑駄無と祭ウェポンであります。

一体目と同様の工作を行っているのでかいつまんでご報告しようかと思っていたのですが、お気に入りの機体ということもありついつい画像が多めになっております。

002

正面から。
工作、塗装共に前回と同様なのですが、全く同じだと味気ないので今回はデカールを赤系統でまとめてみました。
ご多分に漏れず今回もHIQパーツの「NCデカール」を使用しております。

HG故に割かしのっぺりした面が多かったので今回も阿弥陀籤並みにモールドを彫りまくりました(笑)

003

武者頑駄無とアストレイレッドフレームの良いとこ取りしたらこんな感じになりました的な素晴らしいデザインであります。

004

配色も相まってなかなか筋肉質な喧嘩っ早そうなフォルム。

005

背部に装着された鬼の盾がインパクト抜群です。

006

こういう澄ましたポージングもサマになります。
宇宙世紀ものばかり作ってきた私にはインパクトの大きいMSであります。

007

色々と武器が豊富でどれから持たせたら良いか悩みますwww

008

まずはやっぱりサムライソード!!日本刀ですね。
二本付属し未使用時は肩の突起にマウントしています。

009

毎度の如く股間には3mm丸穴が開いておりますので、汎用スタンドにディスプレイすることも出来ます。

010

お次はビームサーベル。
設定上は存在しない武器なのですが、キットにビームサーベルの柄が二本入っていましたので折角だからと思いビルダーズパーツのサーベル刃をくっつけてみました。

011

これでグリーバス将軍並みに四刀流をエンジョイすることが出来ます!!!!

012

ここから祭ウェポンのご紹介といきたいところですが…
一旦小休止して各部のディテールアップ個所等をご説明していこうと思います。

まずは脛。
モールド追加とNCデカール&ラピーテープ。緑の丸部分はキット付属のシールです。

013

膝廻り。
完成してしまうと見えなくなりますが、内側の膝は後ハメ加工しています。
それ以外は脛と同様の工作。

014

所々マグネットセッターを貼って金属光沢感を演出しております。

015

脹脛、踵のセンサーっぽいモールドは深めに彫り直してラピーテープを貼込みました。結構気に入っております。

016

前腕にもラピーテープを貼りました。

017

鬼の盾の額にも。
前回は緑でしたが今回は銀で。

018

サブアームの丸部分は付属のシール。
銀色の部分はラピーテープです。

019

サブアーム内側にもマグネットセッターを貼ってディテールアップ。
私はサブアームは基本的にサムライソードを持たせる用として製作しております。
020

突起物がとにかく多いので尖らせ甲斐がありますが、やり過ぎて折れ易くなっても本末転倒なのでその辺に配慮して強度とシャープさのバランスを取りました。

021

肩部の丸も付属のシール。
マスク部の金色は形状的にシールだと剥がれ易いのでここは塗装しました。
ツインアイは奥まっているので安心してシールを使えますし、ここは付属のシールを素直に使った方が発色が良いです。

022

いよいよ祭ウェポンのご紹介に入ります。

023

まずは火縄銃。
これに限らず祭ウェポンの素晴らしいところは手持ち武器は基本左右どちらの手でも持てます。

銃剣式です。

024 刃先は折畳めます。
保持力もちょうど良く、原則飛び道を持たない戦国アストレイ頑駄無にとって具非常に有難い兵装です。劇中で使うのか分かりませんが(笑)

025

お次はカギヅメ!!
これは左右分付属します。忍者っぽくてカッコ良いです。
私は結構気に入っています。

026

お次はミズグモ。
足裏にジャストフィットで装着出来ます。

027

そして斧。
なかなかボリューミーでドズルザクを彷彿とさせるものがあります。

028

ジュッテとコンボウ。
ジュッテは先日ビルドファイターズで登場しましたね!
ドライセンが使用していました。

029

ジュッテ、クナイ、数珠!
もはや何でもアリな感じですwwwww

030

クナイは何故か三本も付属します。
柄が小さいのでサブアームでは持てませんので一本あまります。

031

概ね祭ウェポンの造形/汎用性はレベルが高くて満足出来るものなのですが、長物関連が弱いです。

ナギナタはキットのままではお子様サイズかってくらい短いので、柄を思いっ切り延長しました。コレくらいで丁度良いかな等と自己満足しております(笑)

032

矛も同じく大幅に延長。
軸も丁度3mmですのでタミヤの丸棒が使えますし、非常にお奨めの改造であります。

033

一体目の時にもお話しましたが、結構ポーズ付けするのが難しいキットです。

それぞれの可動ポイント自体は優秀なのですが全体的にあちこち干渉するのでダイナミックなポージングは苦手です。

可動に関する印象としましてはHGUCガーベラ・テトラを彷彿とさせるものがあります。

034

先般のミズグモは付属の接続パーツを用いてシールドのように装備することが出来ます。

035

木槌と鬼の盾。
こういうもろ「ハンマー」な武器ってガンダム世界ではかなり珍しいのではないでしょうか。

尚、鬼の盾は付属の接続パーツで写真のようにシールドとして手に持たせる事が出来ます。

036

木槌は本当に破壊力抜群そうで面白いアイデアですね。劇中で使用されると良いなと期待しています。

037

祭ウェポンには色とりどりの武器がてんこもり状態で入っておりますので正直もう二対程サブアームを生やしたいくらいですwwwww

038

忘れてました。股間ブロックにもラピーを貼って大型センサー風に仕上げています。

001

蛇足:二体作るとどうしてもやりたくなったのが武器左右対称持ちです(笑)
※本商品には武器、付属品ともに一セット同梱されます。ご注意ください。

039

とまあ、駆け足気味でのご報告とはいっても、兵装が豊富なのでボリューム満点な内容となってしまいました。

プロポーション、色分け、武装(祭ウェポンやビルダーズパーツを使えば)ともにかなり充実した内容のキットと言えるのではないでしょうか。

この戦国アストレイ頑駄無、これまで宇宙世紀ものばかり作ってきた私が始めて購入した宇宙世紀外のMSで、非常に印象深い製作となりました。実に楽しいキットであります。

ビルドファイターズ本編もいよいよ後半戦に突入ということで謎に包まれていた戦国アストレイ頑駄無も手強い相手と対戦するとなると色々と出し惜しみせずに本領発揮する展開が予想されますね!

それでは今日はここまで〜
お次はサンダーボルトものかBB戦士が出撃します!乞うご期待!!!







This entry was posted in HGBC_祭ウェポン, HGBF_戦国アストレイ頑駄無. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*