HGGT 量産型ザク
(ガンダム サンダーボルト)
完成報告。

000

サンダーボルト3巻が発売されましたね!
私は明日Amazonさんから届く予定です。

ということでサンボル祭今夜もやります!量産型ザクです!ダリル&ショーン生き延びてくれ〜〜〜

001

ご覧の通り、ビッグガン付属のザクと全く同じです。じゃあ投稿する意味ないじゃないか?と言われそうですがwwwザクは量産してナンボなところもありますので今回撮影&投稿させていただきました。やはり二体一緒に写るとまたサマになりますね〜〜〜(陶酔)

002

可能な限りほぼ同じものになるように全力を注ぎました。
ただ機体判別用に自分が分かるレベルで少し目印を入れています。ちなみに右側がビッグガン付属、左が単品です。要するにまったく同じですwwwwww

003

無骨で迫力ある後ろ姿は太田垣康男先生ならでは。

004

とにかく絵になります。
好き嫌いの別れそうな個性的なデザインですが私はすっかり虜になりました。

005

武装も全く同じ。
手首も角度付き銃持ち手左右分、ビッグガン用右銃持ち手、穴開き握り手左右分、完全な左握り拳と抜かり無しな内容となっております。

006

背部プロペラントタンクにザクバズーカを装着可能です。

007

スコープ部は5mm径のHアイズを塗装して装着しました。

008

これがプロペラントタンクとザクバズーカを繋ぐパーツです。

009

ザクマシンガン&ヒートホークも懸架出来ます。

010

ザクマシンガンのスコープはVCドームの赤3mm径を使用しております。
それにしてもこのバックパックに彫られている金網風のモールド凄い細かいですよね。これキットのままなんですよ!お見事であります。

011

バズーカを持って。

012

実はあちこち干渉してちょっと持ち難いのですがカッコ良いから全てが許せてしまう私です(笑)ジークジオンwww!

013

ビッグガンと共に。
こうして二機並んでそこにビッグガンまで来ると、とにかく凄い迫力です。

015

正直ビッグガンを作るのはとても手間がかかって楽しみつつも辛かったのですがこうして説得力ある佇まいを披露してくれるとほんとやって良かったなとしみじみしてしまいます。

016

左側面。

今回スパイクアーマーの塗装が色々失敗気味ですが、これも「味」ということにしています(笑)

017

モールドのパターン等ビッグガンのザクと全く同じように彫りました。
ラピーテープとかの色を少し変えたりして判別出来るように工夫しました。

018

元のデザインが優れているのでいらんこと気張ったポーズを取らせずとも、こういう漂うようなディスプレイが非常にサマになります。

バックパックは非常に重く重量バランスも正直悪いのでアクションベースなり魂ステージなり何がしかのスタンドが必須だと思います。

019

シールドのモールドは昨年の06R4機連続製作時のパターンを継承したものを採用しています。

020

バックパックも彫りたくりました(笑)
最初えらく仰々しいデザインに圧倒されてしまいましたが今ではとても馴染んでお気に入りです。

021

色々「動きそう」に見えるような雰囲気が出るようにモールドを追加しました。

022

脚部も既存モールドを彫り直しつつあちこち追加していきました。

023

話は戻ってスパイクアーマーですが、塗装がちょっと乱れちゃってました。
夢中で作ってて完成してから気付いたのですが、「味」ということでゴリ押ししました(笑)ジークジオン!!!

024

腰の白いラインはシールではなくマスキングして塗装しております。

少しの手間で大きな差が出ますので、こうした積み重ねは完成後の満足感アップに大きく貢献してくれます。

025

脛の光沢のある金色はラピーテープです。白いラインは塗装であります。

026

腕部もモールド追加やデカールでハッタリを効かせてメカメカしい感じが強調されるようにしました。

027

サンダーボルトものはダメージ表現を加えるかどうかでいつもかなり悩みます。

今回はやりませんでしたが銀ハゲちょろとかキズとか久しぶりにやってみたいなという気にさせてくれるナイスキットでした。

サンボルものはまだ今後も出るみたいですし何処かで是非やってみようと思います。

028

スパイクアーマーに続きもう一カ所。
ザクバズーカの合わせ目消しが完全で無い部分がありました。塗装も少し薄くて。

ま、味ですよ。味wwww

029

銃持ち手は左右分付属してます。
これは本当に有難いですね。

030

足裏。
肉抜きはそのままにしていますが充分密度感があってカッコ良いです。

031

最期はバックパックの写真で。

今迄1/144スケールで数多くのザク系MSがガンプラになりましたが、その中でも極めて異彩を放ちながらも「ザクらしさ」をきっちり保っている素晴らしいキットです。

同時に発売されたサイコザク、そしてサンダーボルト版の旧ザクのリリースも決定し当面サンダーボルト熱は続くのでしょうか。

個人的にはリックドムも同シリーズで登場してくれたら嬉しいです。

ところで余談ですがショーンって生きてたんですね。
ほんとうに良かった。外伝のあのグフに乗っていたとは!

あの機体もキット化されたらもうホントに言うことなしです。私としては今出ているキットを買って、作って、ブログで発表しつつ今後のリリースを期待していこうと思います。





This entry was posted in HGGT_量産型ザク. Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*