HGUC ネモ MSA-003 〜
パチレビューの巻。

11機あるザクF2他多数の積みプラを残しながらも今回も脱線中…
ガンダムUC効果か遂にHGUCでの立体化と相成りましたネモを二体制作することにしました!


日頃ジオンのやられメカを作っている身からするとかなり親切なパーツ分けのように見えます。
ちなみにネモに対してなんの思い入れもありません(笑)
ただep4でのジュアッグとの絡みとかで急に欲しくなった次第であります。

ネット上でのレビューが比較的渋めだったので少し警戒していたキットだったのですが、
かなりいい感じのパーツ分割と成形色。
スタイルも良い感じです正直ジオン系のキットよりずっとしっかりした作りで嫉妬(笑)
ただ、ダクトの色分けですかね。難点としたら。これは自分のスキルでは塗り分けムリぽいので割り切って作ろうと思います。

肩部分の可動はかなり広いと思いました。
パーツ分けもエウーゴ版を見越してか、細かく分割出来ます。
ダクトだけが惜しい。。。
でもRGでもないし、スケール的に限界かな。

これまたネット上でのレビューでは可動が厳しいとよく書かれていますが、これくらいの立て膝は決まります。

基本、私は宇宙世紀ものしか作ったことがないのでもっと可動するシリーズがあるのかもしれませんが、これだけ動けば充分いやかなり優秀なんじゃないでしょうか。

今回組んでて結構衝撃的だったのが膝下のムーバブルフレームの基部に「第二の膝」間接が仕込まれていることでしょうか。
これは斬新。言う程可動しないですけどw 野心的なパーツ構成でこういうの私は好きです。

設定では前腕のモールドが途中で切れますが、これは精神衛生上良くないので(笑)
モールドを追加することに。右がそれですね。

今回は簡単フィニッシュでさくっと完成させるつもりなので、ヤスった部分はコンパウンドで磨き上げました。
せっかく磨いたので光沢仕上げにしたくなる欲求が沸きますが、似合わないと思いますので地味にマット仕上げにする予定。

身体測定。
設定に忠実なのではないでしょうか。いい感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください