HGUC AMX-014 ドーベン・ウルフ
パチって満足してたけど
やっぱりいじってナンボの巻。

000

自称「世界最速」レビューを果たした我が家のドーベン・ウルフですが、
当時は随分と浮かれて大満足していたのですが、時間を置いてまじまじと眺めるとどうしても自分好みに改修してみたくてやっぱり手を出してしまいました(笑)

明日は「ゾゴックの日」。とにかく焦らずbut急ぎます!!

001

まずはパチ組みのおさらいから。
カトキ画稿を十分尊重した素晴らしいプロポーションですが、今回は私好みに縦に縦に伸ばしつつも力強さはきっちり確保していきたいと思います。

  • アゴを引けるようにする
  • もっと怒り肩にして力強くする
  • 足を伸ばしてスタイリッシュにする
  • 上半身が短いので「腹部」を増設する

今回の施術は上の四点。
これで私が欲しいドーベン・ウルフが手に入るはず!!

002

まずは足首のボールジョイントを切断し真鍮線で好みの長さに延長して再接着します。

003

一丁上がり!
瞬着はしっかりと接着するまで待ちます。

004

お次は胸ブロック。

005

既存の接続棒は4本とも切断。但し基部は位置合わせに使うので現段階では残しておいて後で削り落とします。

006

基部からおよそ0.5mm程下部に3mmプラ棒を接続。

007

お次はアゴを引けるように胴体に穴を開けます。
タガネで大まかに削ってアートナイフで切り出しました。
ボールジョイントで既存の首基部と接続します。

008

こんな感じ!
勝負あり!!個人的にはこれがドーベン・ウルフの理想体型で大満足です。

あと爪先は2mm延長しています。

009

さて今までガンプラのスタンドといば私の場合アクションベース一筋だったのですが、今回「魂スタンド」を試しに入れてみました。

純粋にコストパフォーマンスに引かれての導入だったのですが、アクションベースと比べて主張の無いデザインで浮かせて撮る時に自然な絵が撮れそうでこれは良いですね。

とまあこんな感じです。ドーベンは今回二機同時制作なので気合い入れて一気に完成までもっていきたいなと思います!乞うご期待!!

2 thoughts to “HGUC AMX-014 ドーベン・ウルフ
パチって満足してたけど
やっぱりいじってナンボの巻。”

  1. こんばんは。怒涛の更新ありがとうございます。
    「魂スタンド」って安いんですかね?ちょっと見当たりませんでした。よかったら詳細教えてください。

    1. お疲れ様です!
      「魂ステージ Act4」というスタンドが家電量販店に940円くらいで売っていました。
      これは半完成状態で3個入っており、もしガンプラを飾れるならコストパフォーマンスが高いなこれはと思い試しに購入した所非常に満足しています。

      アクションベースも結構在庫を持っているのですが、何分組み立てるのが結構大変なのと、主張が強いデザインなので撮影時どうしてもアクションベースが目立ちすぎる時ががあるので、今後はそれぞれの長所を活かしつつ使い分けていこうと思います!

      今夜こそ、今夜こそゾゴックのパチ組みを開始出来そうです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください