HGUC MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザク
BMCタガネ大活躍!
今夜も懲りずにスジボリ無双(笑)の巻。

000

数日ブランクが空くと一気に禁断症状が出てしまい、白ザク制作再開であります!
あまり時間を作れなかった割にはサクッといきました。

0000

今回のご報告としましては、本体の合わせ目消しと既存モールドの浅い箇所の彫り直し、そして追加のモールドをスジ彫りするといった内容であります!

001

まずは足。
白い機体なので間延びしそうな箇所にどんどん入れました!!

002

続いて脛の外側はこんな感じです。

003

脛の内側はちょっと変則モールドで遊びました。

003b

平面として見せたい箇所はヤスリがけして面出し。

004

膝もクドく入れましたよ〜〜(笑)

004b

脹脛は突起物も多く主に彫り直しで見せます。
やはり06Rはここが魅力ですよね。

005

前腕にも申し訳程度に入れました。

006

腰アーマーにはこんな感じで攻めてみました。
今回もスジ彫り用のテンプレはHIQパーツの「スジボリ用ガイドテンプレート ジグ1」と「スジボリ用ガイドテンプレート ジグ2」を使用しました。

これを使い出してからというもの透明プラ版を切り出して自分でテンプレ作る機会がめっきり減りました(笑)
良くも悪くも依存度かなり高めです。

007

胸部は基本前回の黒ザクと同様のモールドですが、追加でコクピットのT字にまたしてもクドく入れました。
BMCタガネ大活躍のスジボリ無双でありますwww

008

黒ザクの場合だと濃い色故に中々モールドが完成後見え難くなりますが、白い機体なのでスミ入れ後が非常に楽しみです。

009

シールドは黒ザクと似て非なるマイナーチェンジ版で彫りました。
グラナダで作られた黒ザクとは細かいところが色々違ってた方がストーリー性が表現出来て面白いかなと思いやってみました。

010

モールドに沿って細かく色分けしてみようと思います。

012

スパイクアーマーは合わせ目を消した後にモールドを彫り直し。
ここのモールドが全体的なモチーフに繋がったという感じで追加モールドを彫っています。

013

スパイクアーマーのフチはいつも通り薄々攻撃をしました。
スパイクも尖らせておきます。

014

と、今日はここまで。
F2Rの進捗はちょっとお預けです。
白ザクをまず完成させようと思います。

015

「シン・マツナガ専用ザク」こと、『白ザク』はキットそのもののシンプルさと設計の優秀さも相まって順調に進捗しております。

あとはバーニアの薄々攻撃と武器の合わせ目消しを行った後、一通りのキズ修復作業を行ったらサフ吹きであります!
時間さえ作ることが出来れば、今週中に完成しそうな雰囲気ですね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください