HGUC MS-09 ドム!
ビルドファイターズ効果で売切御免!!
次元覇王流でパチ組みレビューの巻。

000
本日はビルドファイターズトライの主役機ドムです。
HGUCですがあの放送を観てしまうとHGBFと記述したくなります(笑)「ガンプラの中からガンプラが (@∀@)!」

001

当ブログでのパチ組み所要時間は約1時間7分でした。
とても作り易い部類に入ると思います。相当昔のキットですがかなり出来が良いです。個人的には嬉しいABSレスキットです。

001b

正面。
私の組み付けが悪かったのか少々顔面が上を向いているように見えますwwwが特徴を捉えていますね。おそらく誰が見ても文句無しに「ドム」です。

002

色分けも良い感じでほとんど完璧と言って良いのではないでしょうか。

004

背面。
本キットはドム/リックドムのコンパチキットとなり、今回はドムとして制作していきます。勿論ビルドファイターズの影響です(笑)

005

かなり昔のキットですが目玉が上下左右に可動します!
最新キットでも固定モノアイのキットが多いのに気合いが入っています。

006

肩アーマーも気合いが入った一発抜きで合わせ目無し!
内側の赤も別パーツでMG並みの色分けです!

よくよく思い出してみるとMGドムでさえ肩アーマーは合わせ目があったのにそう考えると凄いですね。

007

ですが胴体上部には思いっきり合わせ目が(笑)
惜し過ぎますwww

ですが簡単フィニッシュされる方にとっては黒いパーツに合わせ目が出るより薄い色のパーツに合わせ目が来る方が圧倒的に仕上りが美しくなりますからね。

それでもあと少し踏ん張って外装は合わせ目消しゼロだったら更なる名声を勝ち得ていたと思います。この辺りは様々な事情が絡み合って仕様が決まるのでしょうからあれこれ悩んでも仕方がないのかも知れないな、とも思います。つまりこんな事が弱点に見えるほど出来の良いキットであるということです。

008

次元覇王流聖拳突き!

まさかドムがある意味主役機として活躍すると思いもしませんでした(笑)

ビルドファイターズトライ第一話の凄いところは主役の女の子と赤毛の少年セカイ君ですか?が一気にドムに魅力を吹き込んで視聴者に「ビルドバーニングガンダムがいつ出てくるのか」と考える暇をまったく与えなかった点にあると私は思います。

少なくとも私は「あ〜ドムが主役機なんだな」と自然に受入れてその後打ち砕かれて主題歌とともにアレが中から出てくる迄すっかりビルドバーニングガンダムの事を忘れてしまっていました。

これはもの凄い演出力だと思います。

009

走るドムは衝撃的でした(笑)

010

比較にF2と。グラマーな体型が際立ちます。ビルドファイターズトライでの立ち回りを見ていると格闘家みたいな体型に見えてきます。

010b

手首はえらく巨大でビックリしてしまう程のオーバースケール。

011

主役機同士並べてみました。

012

ヒートサーベルも綺麗に色分け。

013

良いですね〜。初代でも割と使われていた記憶があります。印象深い武器です。

ちなみに私の世代は「ヒート剣」と呼んでました(笑)古くさい表現なのかも知れませんが、こちらの方が個人的にはしっくりくるのです。

014

ジャイアントバズも迫力あるサイズと造形で良く出来ています。この頃のキットから既にグリップ部の可動ギミックが実装されていたのですね〜

015

股間には3mm丸棒接続に対応したPCが仕込まれております。

016

リックドム用のパーツはこちら。
コンパチではありますが完成後に気軽に付け替えるというのは武器以外はちょっと難しいので事実上どちらかを選んで制作してください的な内容です。

017

ビームバズーカ。
これもまた非常に良く出来ていてカッコ良いです。

018

あまりに手が大きいのでMGの手首も似合うかなと思いザクVer2.0の可動手首を装着してみましたが流石にこれはやり過ぎました(笑)巨大過ぎました。

019

しかしコレを使えばビルドファイターズトライ第一話のようにジャイアントバズを左手で持つ事が出来ます。

020

流石に年季が入っているので指関節がユルくなっていてヒート剣あたりの保持はちょっと怪しい感じです。

021

バズーカ両手持ち!!
楽しいですが流石にMGの手首を使用するのは贅沢過ぎると思いましてザクに返してきました。

022

ビルドファイターズ第一期ではガンプラ売り場で長いこと肥となっていたギャンが突然売り切れて凄いことになりましたが今期はドムが売り切れ状態になっているのでしょうか。ツィマッド特需ですね(笑)

第三期?は一話目にゴッグかヅダが活躍するとみていいのでしょうかね。ここまでやったら是非この法則は継続していただきたいと思いますwww

023

最後は白羽取り!
先日のビルドバーニングガンダムのレビュー時にも同様のポージングをしましたが劇中ではドムがやっていました。この二機が私の頭の中で完全に同化してしまいどっちがどっちか分からなくなってきました。

ということでHGUC(HGBF)ドムでした。もちろんこれはビルドバーニングガンダムと同時制作していきます。
ただ、こちらはプロポーションを私好みにかなり弄ろうと思います。Hi-νガンダム Ver.Ka、ナイチンゲールが終わった頃に他のキット達と共に少しずつ取りかかります。ご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください