HGUC ディジェ
完成報告。


HGUC ディジェ 完成しました!
個人的には今年作ったガンプラの中で最も出来の良いキットだと思います。当ブログ的に「2018ガンプラオブザイヤー」なキットです。


昨年のバーザム、今年のガルバルディβにバイアランと近年のZ関連HGUCにハズレキット無しというジンクスがありますが今回も期待を大きく上回る内容でHG化されました。


個人的に旧キットの箱絵が好きなので配色はスカイブルーに寄せて塗装。


既存モールドは全て彫り直し、BMCタガネでジグザグモールドを追加して情報量を増やしました。







キットにはモノアイとツインアイのソケットが彫られたパーツが入っておりどちらかを選択する方式。今回私はツインアイで作ってみました。気に入っています。


如何にも干渉して可動の妨げになりそうなデザインのシールドですが巧みなパーツ分割と可動ギミックによってポージングを妨げません。


全くプラモ化、可動化に配慮していないデザインの機体なため、キット化にあたってどのような解釈がなされるのか注目されていた腹部腰部。


私は絶対動かせないだろうなと思っていたのですが凄まじいパーツ分割がなされています。ここは是非実物をお手にとって感動していただきたいところです。


腰は思いっきり可動します!
写真では90度回転していますが実際は360度ぐるりと1周出来ます。Rギャギャの時も驚きましたがこの辺りは本当に凄い。2018年まで待った甲斐があります。あとフロントアーマーの可動も今まで見たことのない方式で可動します。ここも是非実物をお手に取ってお楽しみいただきたい箇所です。


頭部なんかは後頭部とバックパックがケーブルに繋げられるというこれまたキット化される事を全く考慮していないあの時代らしいデザインなのですが軟質パーツを巧み使い約90度スイング。本当に素晴らしいキットです。


要所要所にモールド追加。



スリットは開口されていました。
内側にもモールドがびっしり入っています。写真ではわかりにくいですが内部はガンメタで塗り分けています。








足裏には肉抜きなし!
これでこそHGUCです!!


バックパックの赤いスラスターは別パーツ化されています。一時期HGのパーツ割りがえらく雑になったり肉抜き穴ラッシュが続いた時期がありましたが最近は改善傾向にあります。


ビームナギナタ。


ビーム刃はクリアーオレンジでグラデーション塗装。




シールドはフレキシブルに可動し可動を妨げません。







クレイバズーカも付属します。







いやあまさかディジェがHGUC化されるとは思いもしませんでした。2018年の技術水準でHG化されているので造形と可動と色分けの両立も極めてハイレベルです。


と言って褒めてばかりでも気持ち悪いので個人的に気になった箇所も書いていこうかと思います。まずはこの銃持ち手、ちょっとポロリが激しくてクレイバズーカを持たせた時テコの原理で分解し易いです。そして微妙に小ぶりなのも気になりました。小さめの手首がトレンドなのでしょうか。ここはHGUCザクF2などに使われている手首パーツの流用で良かったのではないかと思います。


あとお次は股間節に接続する太もものジョイントです。ここは最近のHGで多用されている一軸PCによる接続となっております。RギャギャやREVIVEギャンなどに採用されている方式ですが、正直言ってある程度ボリュームがある機体にこれを使うと保持力が不足します。


ここはモデラー側ではどうしようもないので辞めて欲しいです。オリジンザクやザクF2等に採用されている機構が好ましいと思います。まこれらも保持力が強いとは言えないのですが両軸の方がまだ安心感が高いです。


左肩の謎突起部分ですがクレイバズーカを懸架する事が出来ます。


と言っても専用のアタッチメントを取り付ける必要がありますが、80年代中頃〜90年代初頭くらいまでのMSデザインはカトキさん以外は殆ど考えなしにこういう謎デザインが採用されてきたイメージがあります(笑)


でもまあやっぱりカッコ良いので全てが肯定出来ますがwww


本体及び付属品一式。


今年は「逆シャア」イヤーなのでお次はこちらを作ってみたいと思います!RE1/100にするかHGUCにするかギリギリまで悩んだのですが個人的にはHGUC版の方が好みのスタイリングだったので二機同時製作で頑張ってみたいと思います。膝の合わせ目消しどうするんでしょうかね?最悪関節を先に塗装まで終わらせてマスキングしましょうかね。問題は年内に完成させることが出来るのか(苦笑)


ということでHGUC ディジェ でした!
銃持ち手がばらけ易い、股関節の保持力に少々疑問があるという点が個人的には気になりますがそれを補って余りある美しいフォルム、こなれたパーツ分割、元デザインを尊重しながら確保された広範な可動域、肉抜き穴のない足裏等々個人的には今年作った新製品ガンプラで最高傑作だと思っています。週末のお供に是非。

追記
今回もヤフオクに出品致しました。
何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください