HGUC ギャプラン
完成報告。

000a HGUCギャプランが完成しました。

000d ついついMS扱いしてしまいますがギャプランは可変MAとなります。

001 正面。

002 斜めから。

003 ご覧の通り配色は最近当ブログで多用しているロービジ系にしました。最近この手の調色が本当に楽しいです。僅かな色の違いで印象が大きく変わるグレー塗装はやっていて面白いです。

004 背面。

005 見た目からして保持力が疑われそうなキットですが肩関節の補強をしたくらいでそれ以外は適度な渋さがあって非常に好感が持てます。

006 2003年発売のキットですがこの時代のガンプラは今とはちょっと違う意味で気合いが入ったものが多い印象があります。

011 ムーバブル・シールド・バインダー。
連邦マーク等はプレバンで購入したガンダムデカール。コーション系はHIQパーツ、デジタル迷彩は同じくHIQパーツのピクセル迷彩デカールです。

017 この「EFSF」と「EFF」の文字をA4版の台紙に大中小セットした水転写デカールを三色展開とかで出したらめちゃくちゃ売れると思うんですがね〜

プレバンのガンダムデカールDXは画質も高精細で非常に見栄えが良いです。

007 ムーバブル・シールド・バインダーは差替え無しで伸縮します。面出ししてエッジをキンキンに尖らせておきました。

013 反対側はこんな感じ。
要所要所にモールドや1mm金属球を追加しています。BMCタガネ大活躍です。

014 ムーバブル・シールド・バインダーの先端にはビームライフル。銃口廻りは純色マゼンタでグラデーション。これも当ブログ定番となった感があります。

014b グリップを掴む事も出来ます。この際しっかりムーバブル・シールド・バインダーを縮めておく必要があります。

008 黒いスタンドはキット付属です。本体のボリューム、後述する専用大型ブースター、完全変形ギミック、色分け等々充実したキットですが実売価格千円台前半という驚異的低価格を実現したスーパーキットです。

009 頭部のひさし?はスカイブルー系にしました。自作の色です。

010 モノアイは貼付けガラス2mm径を使用しており光をよく拾います。

012 特徴的な背中のスラスターユニット。この時代のHGUCはエッジがユルい傾向が特に強いのでここもエッジを立てておきました。

015 こればかりは仕方がないのですが完全変形ギミックのため股間廻りに3mm穴を設ける空間がないのでどうしても市販スタンドに付けたい場合はちょっと工夫が必要です。

016 がっちり固定とは生きませんでしたが一応取付け出来ました!後述する専用大型ブースターを取り付けるとわかりますが余程のこだわりが無い限り付属のスタンドで充分だと思います。

018 とにかくダイナミックなキットです。

019 「Z」に出てくる機体は今の目でも全然古さを感じさせないものが多いですよね。

020 バブル時代を象徴するような仰々しいデザイン。でもシュッとしていてスタイリッシュです。

021 ビームサーベルは初期HGUC特有の刃とグリップが一体かしたアレでしたので切り離して刃をクリアパーツに置換しています。

022 大型機なので刃もMG等に使われてる長いものを選びました。ご覧の通りグラデーション塗装して単調にならないようにしています。

023 バーニアたくさん。

024 025 作る前は懸念していた腕部の保持力も良好でした。

026 変形!
むしろギャプラン本来の姿とかも知れません。
要所要所にラピーテープ赤を貼っています。

027 脅威の完全変形でしっかりまとまります。やっぱりこの時代のHGUCはパワーがあった。

028 素晴らしいまとまり感。

029 この配色で正解だったと思います。

030 とにかくエッジというエッジには全てやすりをあてて尖らせておきました。小難しい技術はなにも要りませんがやるかやらないかだけの事で仕上りに大きな差がでます。

031 全長30cmオーバー!!!

032 並の撮影ブースでは撮りきれないと思います(笑)

033 2年前のクシャトリヤ・リペアード制作の際に自作した大型撮影ブースを使っているのですが、奥行きがあるのでそれでも撮影に難儀しました。

034 空っぽい感じにしたくてスカイブルー系と白系のグラデーションを吹きました。あんまりやり過ぎると牧歌的になりそうな気がしたので(笑)様子を見ながら吹きました。

035 専用大型ブースターを装着したままMS形態にすることも出来ます。

036 個人的にはこの状態がお気に入りです。

037 とんでもないデカさです。まず間違いなく出ないでしょうがPGとかの超巨大キットが出たら絶対欲しいです。

038 結局専用スタンドが一番相性が良いです。

039 もうめちゃくちゃカッコ良いんです。

040 興奮してもう一回変形www

041 またMS形態!

042 久し振りに宇宙世紀に戻ってきましたがやっぱり良いですね。特に「Z」に出てくる機体はハッタリが効いてて模型としての迫力が凄まじいです。

043 044 045 046 ちなみに傾斜がついたこの状態でも全長30cm超えます。

047 ガンプラとしても素晴らしいですがそれ以前にオブジェとしての存在感があります。

048 ここからはその勇姿をお楽しみください。

050 051 052 053 054 055 056 057 GUNDAM CONVERGEと記念撮影。

058 059 以前クリスマスプレゼントとしていただいたRGガンダムと大きさ比較。

060 RGゼータガンダムと。
こちらも別の年のクリスマスにいただいたものです。

062 アンクシャのご先祖様でもあります。
このアンクシャもクリスマスにいただきました。

061 ギャプランとアッシマーを足して2で割ってリゼルの顔をガチャリと嵌めたらアンクシャの出来上がり。確かそんな感じの系譜です。

063 付属品一式。
とにかく大迫力のキットです。

064 次回予告はこちら!
バイアラン・カスタムを扱うとアクセス数がいつもアップします(笑)やはり皆さんバイアランがお好きなようです。ということでご期待ください。

066 発作的にこの手の機体を作りたくなったのですが昨日のHGUCバーザム商品化決定の報を聞き納得しました。

065 ガンプラの神様が導いてくれているのだと思いますwww

000b ということでHGUCギャプランの完成報告でした!
本文中でも褒めちぎりましたが造型、パーツ構成、ギミック、色分け、迫力、プレイバリュー共にハイレベルで2000年代初頭のHGUCの勢いをそのまま体現したかのようなスーパーキットです。

なんだか凄いメカのプラモデルを作ってみたいという方には胸を張ってオススメ出来ます。しかも実売価格千円台という破格の低価格も魅力で奇跡のような名作キットです。

This entry was posted in HGUC_ギャプラン, HGUC_バイアラン・カスタム2号機 and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*