HGUC ネオジオング
進捗報告2


今回はHGUC ネオジオングの進捗報告をメインにお送り致します。


あまりにも巨大なため部分ごとに分けて他のキットの工程と合致するタイミングで製作していっているのですが今回はプロペラントブースターの白帯部分の製作を行いました。


キットのままだとのっぺらぼうなのでモールドを追加してパネルラインに沿って部分的に色を変えてみたりして完成後間延びしないようにしてみました。


先日ちょっとご紹介したエアフィックスのドイツ国防軍歩兵セット、三体黒サフを吹いてみました。


この三体を第一陣として 1/72 AFVキットを何か製作する時に絡めてみたいと思います。


白帯は一旦光沢コートをした後墨入れ、そして水転写デカールを貼ってみました。


デカールは毎度のごとくHIQパーツがメインで最近お気に入りのベルテクスのデカールも一緒に使ってみました。


以前プレミアムミラークロームで塗装したスネークアイの塗料を落としました。


プレミアムミラークローム、発色は良いのですがトップコートを吹くと煌めきを失うのと食いつきが悪くてエッジ部分から塗料が目に見えて磨耗していくのでこの際塗り替えようとシンナー風呂にまず入れてみました。


ところがシンナー風呂では意外なほど塗料が落ちなかったのでハイター風呂に漬け込んだらだいたい取れました。


今回も少し短足化するかも知れません。
久しぶりのガチャーネン楽しく完成させたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください