HGUC
ガンダムTR-6
ウーンドウォート
ティターンズカラーで完成報告。


HGUC ウーンドウォート完成しました!


今回はティターンズカラーで邪悪な感じでフィニッシュしてみました。 大変気に入っております。








関節は今でのどのガンプラとも似ていないない構造となっております。手足のダイナミックな関節が効いています。


実は腰の回転等は大して動かないのですが他の関節がよく動くためこのように力強いポージングも決まります。あと基本的なことなのですが、ガンプラは頭部がどれくらい動くかも大変重要だと思います。ぱっと見かなり複雑な形状をしていますが、頭部のクリアランスはすっきりしていてこれも豊かな表情付けに一役買っています。


すんごい形状をした頭部。複雑ですが可動範囲を妨げない名デザイン。


奥にツインアイがあります。今回メタリックグリーンで表現した箇所は全てキット付属のホイルシールを使いました。狭い面積では塗装よりホイルシールやラピーテープの金属的な美しい輝きに軍配が上がります。




今回も要所要所にBMCタガネを投入してモールドを追加しております。




足の処理は一体目の時からやっているBMCタガネ無双でパネルラインを足しまくりました。


怪しい色使いとパズルみたいなパネルラインが気に入っております。



太もものメタリックグリーンは前述の通りキット付属のホイルシール。発色が素晴らしいです。


スタンド接続時用のアタッチメントパーツ。これを股間に取り付けることで3mm軸に対応します。あとリアアーマーに3mm穴PCがありますのでケースバイケースで使いわけて撮影してみました。


A.O.Z.お馴染みの赤い指先は極細面相筆で塗り分け。


一旦手首を基本色で塗った後、指先にだけピンクサフを塗り乾燥後ブライトレッドを上に乗せました。




スタンドが付属します。


魂STAGE のようにフレキシブルに変更したりするのは苦手なのですが純正だけあってホールド力はこちら優れています。


私A.O.Z.のことをほぼ何も知らないので正式名称を知らないのですがこの状態を「ペットと散歩」モードと呼んでいます(笑)


クロー部を展開状態のパーツに差し替えて外装も付け替えます。





どこからどう見ても犬の散歩(笑)この形態が個人的には大変気に入っております。




差し替えでMA形態に変形。


ちょっと複雑な変形をさせないといけないので手間がかかりますが、その分非常にカッコ良いものが出来上がります。



面倒でも脚部のパネルライン追加はやっといて良かったです。MA時も良いアクセントとなりました。








次回予告!


順序が逆になってしまいましたが次回こそグレイズの完成報告をやります!


やっぱり地上戦仕様の靴、本当に良いですね〜こちらを標準装備にして欲しいくらいです。


本体及び付属品一式。


と言うことでHGUC ウーンドウォート完成報告でした。
二体目ということで自分好みの配色でティターンズカラーにしてみましたけれどドンピシャ嵌ったのではないかと自画自賛しております(笑)

今回もヤフオクに出品致しました。何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください