海洋堂 1/35
35ガチャーネンVol.2.0
ハインリヒをつくる。


久しぶりに中断していたガチャーネンを作っていきます。有難い事にどちらも頂き物ですのでカッコよくしっかりと完成させたいところです。今回は主に塗装表現です。


ハインリヒはサーフェイサーEVOオキサイドレッドを塗布した上に mig AMMO chipping fluid を吹いていたんですがもうかれこれ二週間近く経ってますかね?兎に角結構間が空きました。

黄色いカウルの裏側は黒く塗ってはいたんですがだいぶ橙黄色が廻り込んじゃってますんで後ほど改めて黒を吹いておこうと思います。こういう所がだらしないと折角作ってもピリッとしませんからね。


昨年末ごろ作ったドラゴン 1/144 ミニアーマーのs.I.G.33 III号自走砲の時なんてちょっと水に濡らした指で触っただけで綺麗に塗装ハゲ表現が出来たんですが最近は今ひとつ剥れが悪く先日完成させたタミヤ 1/35 ヘッツァー同様今回も金属ブラシでポンポンと叩いたり擦ったりして剥がしました。


まだ今ひとつ使いこなせていなんですよね〜


次 chipping fluid を使う塗布後小一時間〜二時間くらいで本塗装して使い勝手が変わるかテストしてみたいと思います。


自分が期待した剥がし易さではなかったというだけでビジュアル的にはかなり狙った効果は出せていると思います。


作業としてはここからデカールを貼って一旦完全乾燥させた後、墨入れやウェザリングを行なってから最終トップコートで完成という段取りです。


並行して作っている第一弾の S.A.F.S. はこんな感じで進捗しています。


ちょっとデカールを貼ってみたりしました。


こちらは chipping fluid を使用せずいつも通りのフローで製作中です。


基本的に私は Ma.K. 関連のキットでもこの段階までエアブラシメインで塗装し。関節シーリング部分などを筆で塗ったりする程度です。

そしてハインリヒ同様デカール乾燥後一次トップコートを吹きしっかり乾燥させてからウェザリングしていきます。ここで筆とウェザリングペンシルの出番となります。


あと積んで久しい1/20 S.A.F.S. もそろそろ作りたいと思います。

2018年のキットです。積んでいたい気持ちもありますし積んでばかりじゃもったいない作っとかないとという気持ちもあって逡巡していますがそんな感じでいくつか積んだままになってますんで(笑)まずは S.A.F.S. から手を出したいと思います。まぁ来月完成ですかね。


あと今週から製作に入るのはこちら。完成は来月初旬を目指します。

他にも並行して色々作っていますんで月内に何体か完成報告したいところです。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください