海洋堂
35ガチャーネン
HGUC ハンブラビ
MG 真武者頑駄無
進捗状況ほか。

今回は色々並行して作っているキットの進捗報告です。

まずは前回の投稿で4体完成した35ガチャーネンですが今後は情景や小物の製作に入ります。ということでスノーマンのお供に雪だるまを添えたいと思います。

雪だるま本体はご覧の通りエポパテで作ります。

こんな感じ。
既に雪だるま感ありますね。少しくたびれた感じにしたかったので傾けてみたり地面に接する部分が溶けて同化し始めている感じに造形。

続いて帽子と鼻を着けます!
こういう時お金を掛けて部品を調達したら負けだと個人的に思っておりまして(笑)スクラッチするかジャンクパーツからちょうど良いものを見付けるようにしています。

!!
良い感じです。

35がチャーネンの進捗報告は今回ここまで。
ここから情景を作っていきます。仕上りが楽しみです。

スノーマンって言うくらいだから雪だるまや雪景色と絡めたら面白かろうと思ったのですが定番工作らしくて今更感ハンパないらしい(笑)のでスノーマン以外は自作に拘ってオリジナリティを出していきたいと思います。
ということでご期待ください。

続いてパチ組み放置していたハンブラビの進捗報告です。
先月下旬頃重い腰を上げて取りかかったのですが問題に直面しました。

いざ製作しようと取り敢えず関節毎に取り外してタイミングでもみようかとしたところボロボロとあちこち折れまくりですwwwなんなんだこれはwww

特に力を加え過ぎたつもりもなかったのですが、とにかく重要な関節がどんどん折れました。

折れた箇所を観察すると全て白い成形色のパーツです。

よくよく白いパーツを触ってみますとKPSっぽい粘りがあるのですがテンションが掛かった時にえらくボソボソする何とも言えない頼りない材質で出来ておりました。

パチ組みしただけだと全く気付かなかったのですが分解する時に痛い目見る感じです。塗装派の方は要注意ですね。

ハンブラビは大好きな機体なだけにざんねん。。。

取り敢えず白いパーツの絡まない部分の後ハメ加工を行ないました。

色々考えた結果白いパーツが絡む関節は全て諦めて頑丈なものに置換しようと思います。結構大手術になりそうなので完成は随分遠のきそうですがしっかり完成させたいと思います!これまたご期待ください。

続いて昨年いただいたMG真武者頑駄無の製作です!

造形は極めて美しいキットなのですが股間や足首の可動範囲が極端に狭いため改修(撮影しそびれました)それとキット付属の可動手首が保持力ほぼゼロでストレスマッハなのでビルダーズパーツのものに置換します。

ビルダーズパーツの平手はとにかくオーバーアクションで私はそのまま使う事はありません。
ということで各指根元を全てカットし角度を変更し0.5mm真鍮線を通して接着して表情を付けていきます。

右平手はこんな感じにして火縄銃を自然にホールド出来るようにしました。親指以外は指の根元だけでなく途中の関節もカットして角度変更しています。やる気さえあれば特殊な難しい技術は不要ですのでこの改修方法はオススメです。

ただし火縄銃は大きく重いのでこれだけだと保持力に不安が残ります。

ということでグリップ&掌にネオジム磁石を埋め込みました。この作業も難しい技術は不要です。要るのはガンプラビルダーとしての意地と執念だけです!

ということでこんな感じに。
写真には写っていませんがトリガーは金属ワイヤーで再現します。
左平手は火縄銃を添える表情にして作っています。これまた撮り忘れました。今月中に完成出来たら良いなと思います!このキットはとても楽しいです。

そしてこんなのも作っています!
チェルノアルファでけえな、なんて関心していましたがサザビーVer.Kaは更にでかいですね(笑)

私の所有する最後の一箱となるMGサザビーです。
私にとって最期のサザビーVer.Kaになると思いますので悔いの残らないように楽しんで完成させたいと思います!!こちらもまたご期待ください。

This entry was posted in HGUC_ハンブラビ, MG_真武者頑駄無, 海洋堂_1/35_ガチャーネン and tagged , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*