バンダイ 1/144 旧キット
コアブースターをつくる。


今月は色々完成させていきたいのでペースを上げて本日の投稿は二本立てとなります。


コアブースターのサフ吹きを開始しました。
先月のうちにモナカ合わせ部分をセメント溶着しておいたので昨日やすりがけして合わせ目を消しておく事が出来ました。

今回のやり方だとかなり円滑に作業を進行させていく事が出来ますので、今後は作る事が決まったものは前月のうちにセメントで合わせ目を接着して段取りしておこうかと思います。


コアファイターも機首、胴体の合わせ目消しを行っています。

構造的にかなり厄介な脇腹の合わせ目消しですが、主翼を予めカットしておく事で合わせ目消し作業が出来るようになります。


主翼は切断面を整えた後、0.3ミリ真鍮線を介して本体に再接続。


機体下部に3ミリ丸穴を開口しましたが形状的に穴までの距離があるため、そのままだと市販汎用スタンドに取り付けるのは困難です。

そのためABSパイプとタミヤの曲がるソフトプラ棒3ミリを用いて自作したアタッチメントを介す事で対応します。


今回もMSフィギュア01を使用します。
これらも今年の再販で入手しましたので暫く手元にストックが出来ました。


この手の固定モデルで同スケールのフィギュアがあると完成後のスケール感、臨場感がぐっと高まりますのでこの手のアイテムは非常に重宝します。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください