マックスファクトリー 1/350
チェルノアルファ
完成報告。

マックスファクトリー 1/350 チェルノアルファ完成しました。

足掛け約1年遂にお披露目の日を迎えました。

丸モールド等でのっぺらぼうな箇所が幾つかあったのでディテールアップしたりしています。

HIQパーツのマグネットセッターです。

腰にもマグネットセッター。

腕部は格別頑張って作りました。

ディテールが寂しい感じだった前腕内側にはジャンクパーツをビッシリ詰めました。

主にアオシマのPAC-3牽引車の余剰パーツでディテールアップ。

既存モールドは深く彫り直し、面が間延びしそうな所は新規モールドを追加しました。何れもBMCタガネメインで彫り進めました。

太腿裏もこんな感じで盛大にジャンクパーツ等を使ってディテールアップ。

踵のパイルバンカーは金属パーツに置換。基部はナニワネジ。本体はタミヤ1/35シャーマンの砲弾セットから真鍮製砲弾を持ってきました。

流石にキット側の加工はしましたがそれ以外は誂えたようにピッタリ嵌ります。

踝周辺も情報量アップ。

足の甲内側にはフジミ艦NEXT大和のエッチングパーツを貼ってディテールアップ。

デザイン上ぐりぐり動くというわけではないですがこれくらいは余裕で可動しますので充分ハイレベルな可動モデルだと思います。

汚しはあまりキツくならない程度に抑えてキットの持つ造形の美しさを際立たせるような仕上りを目指しました。

言うまでもないのでしょうが黒立ち上げでいきました。重量感を出したいときはこれに限ります。

アームパンチ伸縮ギミックは延長時フレームパーツを差替える事で再現。故に造形も力強く迫力満点です。

実は腕部の組み付けを左右あべこべにしてしまっていた箇所があった事に塗装後気付いたのですが最小限の加工で何とかなりました。

内蔵LEDライトを点灯。

発光も安定していて光も強いです。

日頃発光ギミックにあまり関心がないのですが、このチェルノアルファは別格ですね。

かなり良い感じに光ってくれます。

かなり光量があり力強く光り輝きます。

今回台座も自作してみました。

台座の製作にも時間を掛けたのですがこちらは今ひとつ私が目指していた仕上りにはなりませんでした(笑)

とにかく地獄みたいな感じにはなったのでそこは満足しています。

兎に角巨大で力強い造形で迫力があり完成後の満足度が極めて高いキットです。

HGUC ザクF2と比較。
全高約24cm〜ほどあります。

本体・付属品・自作の台座一式。
今回もヤフオク出品中です!何卒宜しくお願い申し上げます。
マックスファクトリー 1/350 チェルノアルファ完成しました。年末年始にかけて当ブログでは大物キットをコンスタントに投入していきたいと思います。

キット自体良いお値段でついつい慎重な製作となってしまい完成まで結構な時間が掛かりましたが、その分納得のいく仕上りとなり大変満足しています。

店頭でもたまに見かけますが貴重なキットだと思いますので財布と時間に余裕のある方は是非。


This entry was posted in MAX_1/350_チェルノアルファ and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*