MAX FACTORY
1/72 アビテート F35C
ブリザードガンナー をつくる。


MAX FACTORY 1/72 ブリザードガンナー 完成に近づいて参りました。


前回までの塗装だけだとほんわかした色合いの迷彩でミリタリー色というか兵器としての迫力が足りない感じがしたのでここからフィルタリングやエッジ部分のドライブラシでドスを効かせていきます。当ブログではハセガワ 1/72 F-2Bを作った時にやった手口です。

まずは写真のようにクレオスのフィルタリキッドを筆塗りしました。
※デカール保護のためにフィルタリング前に光沢トップコートを吹いています。


光沢トップコートの上に塗ったのでふき取るとかなり綺麗に取れてしまいますので(笑)加減を見ながら敢えて残し気味に拭き取った方が良いです。


半ツヤくらいが良かったかも知れませんね〜


そんなこんなでフィルタリキッド拭き取りました。既に青みが増して少し精悍になった気がします。あと色がとっ散らかっていたのがフィルタリングによって統一感が出てきました。


近くで見るとこんな感じです。


結構良い感じではないでしょうか。


この手の技法は面が広いパーツ程効果覿面です。


光沢トップコートの上にフィルタリングしたので拭き取り時綺麗に取れ過ぎてしまい難儀しました。


間延びしがちだった膝外装も情報量が増えました。


フィルタリキッドは油彩系でそのままだとどうしても独特のベトつき感が強いので納得行く風合いが出せたらトップコートを吹きます。


そして今度はエッジ部分にドライブラシをして輪郭を強調させます。迷彩柄の時は特にしっかりやっておかないと形状がいまいち分かりにくくなります。それはある意味迷彩としては成功しているという事なんでしょうが模型的な見栄えを優先させます。


足元もドスの効いた感じになりました。


という事で今回は以上です。
早ければ今夜か明日にでも完成報告が出来そうです。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください