MG Hi-νガンダム Ver.Ka
HGBF ビルドバーニングガンダム
旧キット モビルカプル
間もなく完成の巻。

000
最近本業が立て込み毎日なかなか仕事が終わらずガンプラタイムが殆ど作れませんが少しずつやっています。若い頃はこういうちょっとずつちょっとずつ作業するということが一切出来ませんでしたが歳を取ると人間しぶとくなります(笑)ということで久しぶりの投稿です。

もう少しで完成というところでお預けというのが如何ともし難いところではありますが現状報告をさせていただきます〜

001
まずはビルドバーニング。
Hi-νガンダム Ver.Kaの塗装と並行して塗りました。

あとはデカール貼り、トップコート(光沢)吹き、スミ入れ、トップコート(つや消し)、金属パーツ埋め込み、目のシールを貼って出来上がりです。

002
カプールとして作っている旧キット モビルカプルもここ迄来ました。

こちらもビルドバーニングと同様、最後の峠を乗り越えれば完成であります。

003
Hi-νガンダム Ver.Kaも遂に一通りの基本塗装が終わりました。

今回Ver.Kaの塗装に挑みましたが作業中断しながらとは言えここまで来るだけでも本当に長かったです(笑)

まだひと山もふた山もある感じですがだいぶ完成が見えてきました。

004
取り敢えずパーツの紛失チェックも兼ねて組んでみました。

おおおおっ!良い感じです!

しかし赤い主役ガンダムというのも珍しいですね。

005
カプル(カプール)は腕のロール軸追加等の改造はしておりませんが充分出来が良いので悶々と作業を続けるよりこうして塗装に入って良かったと思います。

006
Hi-νガンダム Ver.Kaは仮組みするだけで膨大な時間がかかります。

個人的には今迄作ったガンプラの中でダントツにパーツ数が多く辛くて辛くて何度か制作放棄しそうになりました(笑)

007
ということで今回はここ迄来ましたよ的な報告となりました。
しかしビルドバーニングガンダムとHi-νガンダム Ver.Kaは対極に位置するようなキットです。

極めてイージーに完成するキットと極めて膨大な情報量を持つキット、HG/MGどちらも最新キットでありそれぞれ異なるベクトルを持ちながらも両者とも極めて高品質なキットをチョイスしてみました。同時制作によって改めてガンプラの世界の広さと深さを再認識出来ました。

出来れば今月中に完成させたいところであります。頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください