MG Hi-νガンダム Ver.Ka
RE1/100 ナイチンゲール
旧キット モビルカプル
HGUC シュツルム・ガルス
進捗報告&GUNDAM CONVERGE少々の巻。

000
皆さまご機嫌いかがでしょうか。
随分と更新が滞ってしまいました。久しぶりの投稿です。

001
有難いことに本業が立て込んで気付けば10月に入って一週間が過ぎようとしております。。。

Hi-νガンダム Ver.Kaは少しずつ進捗してようやく脚部のディテールアップが完了しましたので今回の投稿と相成りました。

002
足の甲周りはこのような感じに。

003
脹脛は本キットの特徴的な箇所のひとつなので気合いを入れて彫りました。

004
脹脛側面。

004b
展開すると更に迫力が出ます。ここはキッチリ色分け&ディテールアップすることでインパクトが増すと思いますので頑張りたいと思います。

005
裾はキットのシルエットを活かして堀足しました。

006

007
太腿。

008
太腿裏側。
大きな傷を入れてしまいましたが浅いので表面処理時に消えると思います。

009
素晴らしい可動範囲です。

010
先日ナニワネジさんの直営店に行く機会がありいくつかガンプラに使えそうなものを格安で調達してきまして、早速ナイチンゲールに付けてみました。

011
ep4版カプールとして完成予定の旧キットのモビルカプルも合わせ目消し、ゲート&表面処理をしたらいよいよサフ吹きです。

Hi-νガンダム Ver.Kaと一緒に塗っていこうと思います。

012
特に難航しているわけでもないのにタイミング悪く後回しになって久しいHGUCシュツルム・ガルスも合間をみて制作を再開していきます。

013
何時の間にかGUNDAM CONVERGEも最新弾が出ていたようでいくつか購入しました。
次の弾が出たタイミングでまとめて詳細レビュー致します。
ご期待ください。

014
といいつつもザクレロを少々。。。

毎度のことながらサブメカ愛溢れるGUNDAM CONVERGEですが今回のザクレロは今迄以上に出色の出来です。

造形、色分け、発色、表面処理の美しさ、サイズ、プレイバリュー全てにおいて今迄のGUNDAM CONVERGEより一皮剥けた仕上りです。

015
ということで今回はここまで。
今夜も今から久しぶりにガンプラタイムです。

バックパックとファンネル以外の武器のディテールアップを行った後、いよいよフィンファンネルの制作に入ります。

その後やっとゲート&表面処理ですからまだまだ完成までは遠いですが出来の良いMGなので大手術も必要ないのでひとつひとつの作業を確実にこなしていけば良い感じ完成すると思います。ということで今回もご期待くださいませ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください