MG アドバンスド・ヘイズル
完成報告。

MGアドバンスドヘイズルようやく完成しました!

そこそこボリュームのあるキットを3つ並行して作っていたこともあって非常に難航しました。

BMCタガネを用いた筋彫り追加と関節部分の調整を行いました。

あと塗り分けですね。私なりにここは色分けされていた方がカッコ良さそうだという箇所は頑張って塗り分けてみました。

頭部センサーは開閉式。完成後殆ど見えませんが奥にモノアイがあります。クリアパーツです。

肩アーマーの赤い部分は絶対に再現したかったのでエバーグリーンの薄切り細切りプラ材を赤く塗ったものを細かくカットしてエポキシ接着剤で取り付け。

ここはやるとやらないとでは見栄えに大きな差が出ます。

胸部中心ブロックも橙黄色で塗り分け。

コクピットハッチを全開するには隠し腕ユニットを基部ごと取り外す必要があります。

せっかく塗装したのに奥まって見えん!www

股間のV字パーツも頑張って塗り分けましたが隠し腕ユニットを取り付けるとほぼ見えなくなります(笑)私はこの一帯を撮影したかったので取り外せるようにしていますがポロリ防止のために隠し腕ユニットは接着した方が安定性は高まります。

A.O.Zお馴染みの赤い指先は今回ラッカー系で塗装しました。

下地にピンクサフを塗った上からブライトレッドを乗せていますので発色もバッチリです。

足回りも頑張って塗り分け。

水転写デカールは今回もHIQパーツ大活躍です。その他ベルテクスも部分的に使用。

キット付属の水転写デカールも全て使用。

足元のセンサーはキット付属のホイルシールを貼った上にUV硬化式透明レジンを充填しクリアパーツ化。

シールドブースターは前方に引き出せます。

個体差か私のシールドブースターは若干スポスポ取れ易かったので調整しておきました。

キットの股関節は左右共通で前後スイング機能があるのですが背負いものを乗せた状態だとここが勝手にスイングして自立もポージングもままならなかったため私は写真の位置で固定しました。これによって可動範囲やプレイバリューが大きく損なわれる事は特に無いどころかポージングが安定しますのでユルい個体を引いてしまった場合は特にこの作業をしておいた方が良いかと思います。

背中のセンサーもキット付属のホイルシールの上からUVレジン充填。

取り回しの良い私好みのデザインのビームライフルが付属します。

手首にジャストフィットするわけではないのですが関節強度に対して軽量且つハンドリングし易い形状であるためポロリする事もなく扱い易いです。

隠し腕。
全くもってカッコ良いです。

こちらも指先を赤くしました。塗装法は手首側と同様にピンクサフの上にブライトレッドを乗せて発色ばバッチリです。

アクションベース1に接続する事が出来ます。

但し脚部が非常に重いのでアクロバティックなディスプレイは苦手です。

シールドブースターを腕部に取り付ける事が出来ます。

通常のシールド同様左右どちらにも取り付け可能ですがアタッチメントは1つしか付属しないので両腕に同時に取り付ける事は出来ません。

次回は写真右側の黄色い機体の完成報告となります!

本体及び付属品一式。

という事でMGアドバンスドヘイズル完成報告でした!

久しぶりのMGという事もあったり塗り分け箇所が多かったりと結構時間がかかってしまいましたが手間がかかった分密度感かなり高めの仕上がりになったので大変満足しております。

ヤフオクに出品致しました。何卒宜しくお願い申し上げます。

This entry was posted in MG_アドバンスド・ヘイズル and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*