RG MSM-07S
シャア専用ズゴック
進捗報告の巻。

000
ご無沙汰しております。8月になってしまいました。
久しぶりの投稿です。RGシャア専用ズゴック進捗報告で御座います。

002
近ごろ中々ガンプラに時間を割けずに随分とブランクが空いてしまいました。挽回出来るよう頑張ります!

003
改修ポイントはただひとつ、汎用スタンドにダイレクトで接続出来るようにする事。

これ以外欠点らしい欠点はありません。流石RGです。

写真の通り股間のダクトパーツと股間カバーの片方を接着し3mm穴をピンバイスで開口します。とにかく空間的に余裕が殆ど無いので慎重に開口することが肝要です。

004
それに伴い、アドバンスドMSジョイント側も開口。こちらは更にタイトですので先のパーツを嵌めた状態で慎重に開口する必要があります。

003b
ということで、改修完了です。

これでポロリと落下する事無く安定して汎用スタンドに直接接続することが出来るようになりました。

005
今回は3体同時制作ですので当たり前ですが全ての作業が三倍の量になります。

爪はキットのままでも中々シャープですが今回更にキンキンに尖らせました。

この作業の時点でかなりしんどかったです(笑)昨年のゾゴックを三体作った際のブーメランカッター地獄を思い出しました。

ま、アレに比べるとだいぶ楽ですが、今回はRGなのでそれ以外のパーツも相当な数に上ります。

この時点でのパーツ数:57。

006
この写真のパーツ数:60。

007
蛇腹系もかなり堪えましたwww
細々したパーツも完成後はアクセントとなりますからしっかりゲート処理、表面処理を行います。

パーツ数:78。

008
引きの写真が多いので分かり難いですが、今回もスジボリを大量追加しております。

彫るのは楽しいのですが三体分彫るとなるとモチベーションの維持が大変でした。

仕事が立て込むと合間の時間で作業することになりますのでどの辺りで作業を中断するかも大事になってきます。

パーツ数:72。

009
毎日毎日ゲート処理していましたwwww。

RGともなると細かい部品も結構ありますので数を把握して紛失しないように整理整頓しておくことが大事です。

パーツ数:90。

010
途中で投げ出して何事も無かったかのようにシュツルム・ガルスの作業を再開しようかと思った事が何度かありました(笑)

パーツ数:48。

011
ということで合計441パーツ!※実際は組み上げてひとつのパーツとしてカウントしている部分もあるのでもう少し多いですが。

一パーツあたりだいたい三カ所ゲート跡が出るとすればゲート処理した箇所は1,313になります。

パーツ数:36。

012
この数字は私個人として最大です。。。

ですがなんだかんだでちょっとずつでもやれば終わるものです。

ブログやってなかったら多分投げ出していただろうと思います。

汎用スタンドとの接続に関する問題が解決されたのでスタンドを用いたディスプレイが安定してきました。

001
ようやくサフ吹きに入る事が出来ます。
今夜からちょっとずつ吹いて早ければ来週の月曜日や火曜日あたりにそれなりの状態に出来れば御の字かなと思っております。

This entry was posted in RG_シャア専用ズゴック, RG_ズゴック and tagged , , . Bookmark the permalink. Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

2 Comments

  1. こーき
    Posted 08/02/2014 at 23:41 | Permalink

    わお!
    非常に大変ですね!w

    しかし、僕のようにあなた様のブログを楽しみに
    している人もたくさんいると思うので
    もう少し頑張って下さい!!!!

    お願いします!(^.^)

    • Posted 08/07/2014 at 07:26 | Permalink

      こーき様

      有難う御座います!
      先月ロールアウトする予定だったキットが溜まりに溜まっているので月末の Hi-ν までに出来るだけ多く完成させたいと思います〜

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*